キャンブックス<br> 近鉄電車―大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて

個数:
電子版価格 ¥1,629
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

キャンブックス
近鉄電車―大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784533114359
  • NDC分類 546.5
  • Cコード C2065

出版社内容情報

関西の大手私鉄・近鉄のバラエティ―に富んだ特急型車両と一般型車両のすべてを貴重な写真付きで紹介する近鉄電車車両解説の決定版。

目次

カラーグラビア(魅惑の近鉄電車)
カラーグラビア(回想の近鉄電車)
特急型車両(大阪・名古屋・奈良・京都線系統;南大阪線系統)
一般型車両(奈良線・京都線系統;大阪線系統;名古屋線系統;南大阪線系統)

著者等紹介

三好好三[ミヨシヨシゾウ]
昭和12年(1937)東京市世田谷区生まれ。国学院大学文学部卒業、高校教師を経て乗り物エッセイスト・コラムニスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

78
私鉄なのに近鉄は特急型車両型が多い。京阪、阪神、阪急、南海の特急型車両は覚えやすいが、近鉄は把握しきれない。紺色と橙色のツートンタイプのやつしか乗ったことがない。2017/01/04

たいそ

5
2016年までの近鉄電車の歴史。要所要所の写真がカラーなのが良かった。自分の中での近鉄電車のイメージはマルーンレッド一色なのだが、それは歴史の中のある瞬間だけだったことが再認識できた。それ以前のダークグリーン時代は生まれる前のもので、白黒写真を見て、心の中でたぶんマルーンレッドとして補完してしまっていたようで、カラー写真で見ると新鮮だった。昭和35年の新王寺の写真、自分の知らない頃だが「一二三タンス店」というのが懐かしかった。最後のページを見ると、この本のメインは昭和30~40年代の写真なのだと思われる。2016/12/23

えすてい

5
近鉄はあまりに車両形式が多く、特急用・奈良京都線用・大阪線用・名古屋線用・南大阪線用を中心に、伊賀線(→伊賀鉄道)・養老線(→養老鉄道)の狭軌ローカル線も網羅している。ただし、内部八王子線・北勢線といった特殊狭軌線には旧車両の写真はあるけど現行車両には一切言及されてない。あまりの形式の多さから、詳細なスペックや車両形式図などというものを載せる余裕もない本だが、一部を除いてカラー写真も豊富なのでなかなか写真で見る機会のない形式や車両も(一応は)写真一枚だけであっても網羅しているのは見どころ。2016/09/30

有海2000

1
写真の量・サイズともにもう少しボリュームが欲しいこところ…。車輌カタログ的な性格が強く、体系的に近鉄という会社について知ることが出来る本ではない。その点、購入を検討している人は書店でチェックした方が良い。2016/10/09

緑のたぬき

0
見たことない電車ばかりでよその地域の電車写真集として面白く読めた。やっぱり地域が違うと変わった電車があって面白い。カラーが少ないので、もう少し多いとよいかな。古い電車の写真が豊富なのはグッド。2019/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11130362

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。