バリ島 小さな村物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784533056772
  • NDC分類 292.46
  • Cコード C0095

内容説明

いつも「アッハッハ!」と笑っているBaliのあったかい暮らし。音、味、彩、匂いとものづくりの心。

目次

彩(極彩色の布問屋街―デンパサール・スラウェシ通り;ソンケットの温かみ―カランガッサム県シデメン村 ほか)
味(ピリカラとスパイスの大原則―デンパサール・アグースおばさんの台所;ススでまっくろの台所―プリアタン村トゥガス食堂 ほか)
音(神の音色―トゥガス・カンギナン村;地上の楽園キラーナスパ―ウブド・クデワタン村 ほか)
触(ポップな椰子雑貨―ギャニアール県ボナ村;神秘の織物と水草のカゴ―カランガッサム県トゥガナン村 ほか)
匂(沈殿コーヒー―デンパサール・ガジャマダ通り;満点の屋台―ジンバラン・シーフード屋台 ほか)

著者紹介

長尾弥生[ナガオヤヨイ]
1992年上智大学外国語学部卒業。化粧品会社での営業、広報を経て、1998年~2004年バリ在住。赤いポンコツジープでバリ中を駆け巡りながら出会ったステキや人たちやオモシロ&感動ネタを日本の各誌に執筆