一日一絵〈第10集〉闘病絵日記730日(2001年11月6日~2003年11月5日)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 63p/高さ 20X28cm
  • 商品コード 9784533055263
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0095

内容説明

難病筋ジストロフィーの宣告から20年。失意の中で一日も休むことなく描き続けられた絵日記。

目次

つわぶき
コブシ(辛夷)
鬼百合
ムラサキシキブ(紫式部)
カラスウリ
柚子
サクランボ
スイカ
リンゴ
野菜寄せ
思い出のこの一絵

著者紹介

野崎耕二[ノザキコウジ]
1937年、鹿児島県加世田市生まれ。1955年、鹿児島県立薩南工業高校卒業。57年に上京、東昌国土研究所に勤務。73年、独立。地図編集・製図・イラスト・デザインの仕事を始めるかたわら、グループ七樹会展、千葉県展などに出品、入賞多数。83年に「筋ジストロフィー症」と診断され、一日一絵を描き始める。85年から、東京・千葉・鹿児島で「一日一絵展」を開催し、大きな感動を呼んでいる。88年より車いすを使用。97年、郷里の加世田市から市特別表彰を受ける