マイロネbooks
シャーロック・ホームズの鉄道学―鉄道とともにイギリスに誕生した名探偵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784533054853
  • NDC分類 933
  • Cコード C0095

目次

第1章 ホームズと鉄道の歴史
第2章 ホームズの鉄道知識
第3章 『ブルース・パーティントン設計書』とその子孫
第4章 『白銀号事件』の謎を探求する
第5章 『技師の親指』の災難の真相
第6章 『まだらの紐』の謎
第7章 ホームズの後継者達と鉄道
第8章 『最後の事件』と『最後の挨拶』

著者等紹介

松下了平[マツシタリョウヘイ]
1938年兵庫県西宮市生まれ。1960年甲南大学理学部卒業。1998年塩野義製薬定年退職。日本鉄道史学会会員。日本ヴィクトリア朝文化研究学会会員。日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネムル

2
イギリスの鉄道に詳しくなるかと思ったが、むしろシャーロッキアン向けのコアな本だった。2015/03/18

timeturner

2
鉄分よりもホームズ分高し。2012/07/11

鐵太郎

1
 シャーロック・ホームズの生きたヴィクトリア朝後半のイギリスは、まさに鉄道王国です。ホームズと言えばイメージは馬車ですが、長距離の交通手段の基本はやはり鉄道でした。この鉄道を、シャーロッキアンの目から見て、その時代背景と共に解説したのがこの本。鉄道を中心にした英国文化だけではなく、鉄道に絡むホームズ物語の謎の掘り起こし、簡単に言うとあら探しもやっています。その手法が、徹底的に掘り起こして結論を付けるのでなく、ほどほどのところで止めて、「以下次号」みたいに流しているところが、オタッキーでこれまたよし。2009/08/28

saba

1
ホームズオタと鉄オタの親和性をみた2013/08/07

ぽま

1
所謂「鉄道学」の観点から、正典を探る一冊。黎明期からの英国鉄道史を皮切りに、ヴィクトリア期当時の時刻表と路線図を用いて各事件に切り込んでいく。『ブルース・パーティントン設計書』にて列車に死体が乗せられたのはどこなのか、『白銀号事件』にてホームズが算出した列車の速度の計算方法とは如何なる数式か…。これらのような鉄道ど真ん中のコアな疑問点から、鉄道よりむしろ構成自体に矛盾の残る事件への愛あるツッコミまで、内容は多岐にわたる。海外の学説も多く引用しており、興味深い一冊。2012/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/268728

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。