英語で読む日本経済新聞社説〈2010年上半期〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

英語で読む日本経済新聞社説〈2010年上半期〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時29分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532406493
  • NDC分類 837.4

内容説明

洗練された英語に訳された日本経済新聞の社説は、国内外の動きを理解するとともに、日本の経験、日本の強みと弱さ、そして日本の主張を伝えるための最良のテキスト。世界に発信できる語学力と教養が同時に身に付く時事英語教材の決定版。

目次

1部 THE NIKKEI WEEKLY/Editorials
2部 日本経済新聞社説(弱い約束を確かな排出削減合意に育てよ;所得制限なき手当は危うい;外向いて行動する日本にこそ価値あり;新財務相の下で万全の経済財政運営を;鳩山政権のIT戦略が見えない;アジアと環境で多軸型の産業構造を;慢心し経営改革を怠った日本航空の挫折;外国人参政権は幅広い議論で合意点を;労働力の流動化促す賃金制度を探ろう;名護市長選挙で深まった普天間の混迷 ほか)