インバウンド・ルネッサンス 日本再生

個数:
電子版価格 ¥3,850
  • 電書あり

インバウンド・ルネッサンス 日本再生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 516p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532324377
  • NDC分類 689.4
  • Cコード C3034

出版社内容情報

      切り札は“観光プラスα”にあり!
  富裕層を取り込み「インバウンド」を成長循環に結びつける
       新しいフレームワークを提示。
       さあ、あなたの街を見直そう!

 新型コロナウイルスはツーリズム産業に大きな打撃を与えた。観光公害が起こるほどに活況を帯びていたインバウンド・ビジネスはポスト・コロナ時代へ向けた飛躍への指針が求められ、国際的な移動が制限されている現時点でのその準備が必要とされている。その新たな指針・パラダイム・ビジネスモデルは、これまでとは全く異なるニューノーマル下のものとなる。逆転の思想で考えると、アフターコロナは、通常時では難しい「パラダイムシフト」が実現できる可能性が大きく、これを好機と捉え、実際に動くことができる人・組織・ビジネスに勝機がある。人の移動が制限されることにより、幸か不幸か、これまでの訪日客の増大だけを頼りにしたやり方から、いかにリピーターを増やすか、富裕層をつかむかなどという、まさに「戦略」が求められる局面を迎えているのだ。

 本書は、こうした問題意識のもとで、アフターコロナのニューノーマル下にある世界のツーリズム・ビジネスを見渡し、「観光立国日本」を実現していくための新たなキー概念として、サステナブルに発展する「インバウンド・アウトバウンド・ループ(IOL)」という独自のフレームワークを提示。(1)非観光事業者・日本の文化等を観光資源化、(2)観光資源化する際に経験・体験価値化しその付加価値を高める、(3)その価値を展開するために地域内・地域間連携を促進する、(4)付加価値を高価格に転嫁することでインバウンドから得られる収益を持続的に最大化し、それを、(5)効率的に越境eコマースなどを活用した海外販売につなげ、それがさらに、(6)再度インバウンドに向かうというループとして提唱。
 国内外の事例を紹介・分析しながら、収益をインバウンド・アウトバウンドとスパイラル(循環拡大)させることで、一過性のビジネスにとどまらない、重要な基幹産業(貿易産業)として持続的に発展させる日本経済飛躍の方向性を提示する。

 前著『インバウンド・ビジネス戦略』は、日経本紙書評で取り上げられたほか、2019年の「ベスト経済書」(週刊ダイヤモンド)第10位に選ばれるなど高い評価を得た。本書は、前著で提示した基礎理論をもとに様々な具体例を示す、新たな時代に向けた実践編である。

内容説明

地域資源から高価値を共創する!“魅力”の掘り起こし方から人材育成までをカバー。インバウンド・アウトバウンド・ループで「インバウンド」をてこに発展循環に結び付ける。さあ、あなたのまちを見直そう!

目次

第1部 持続可能な成長・発展戦略モデル:インバウンド・アウトバウンド・ループ(IOL)(インバウンド・ビジネスにおける日本の現状;「持続可能な観光立国日本」とインバウンド・アウトバウンド・ループ(IOL)
日本におけるインバウンド・アウトバウンド循環の現状 ほか)
第2部 アフターコロナ時代の「観光立国日本」の重要テーマ(需要創造のマーケティング;日本におけるカストロノミーツーリズムの可能性と課題;富裕層&ラグジュアリーマスビジネス ほか)
第3部 持続可能なインバウンド・ツーリズムに向けた人材育成(持続可能なインバウンド・ツーリズムのリーダー育成に向けて)

著者等紹介

池上重輔[イケガミジュウスケ]
早稲田大学大学院商学研究科教授。一橋大学博士(経営学)。早稲田大学商学部卒業。英ケンブリッジ大学経営大学院経営学修士、BCG、GEヨーロッパ、ソフトバンク、ニッセイ・キャピタルなどを経て、現職。Academy of International Business,Japan chair。国際ビジネス研究学会理事。早稲田ブルー・オーシャン・シフト研究所所長等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mobiile

0
WBS池上さん2021/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18580236

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。