iPod特許侵害訴訟―アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

iPod特許侵害訴訟―アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月26日 05時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322298
  • NDC分類 547.33
  • Cコード C0034

出版社内容情報

アップルとの特許侵害訴訟を戦い抜いた1人の発明家の軌跡を追い、個人が戦う為に必要な知識と日本の知財法制の課題を浮き彫りにする立ち上がれ! 発明家たち
世界的大企業を相手に一歩も退かず特許の争いを勝ち抜いた男の、熱い戦いの軌跡を追い、個人が戦うために必要な知識と日本の特許・知財法制の課題を浮き彫りにする。

2015年9月、iPodに搭載されたクリックホイールを巡る特許訴訟で、最高裁は原告の個人発明家・斎藤憲彦氏の言い分を認め、アップルに対し3億3000万円の支払いを命じた。一個人が世界的企業を相手に戦った特許侵害訴訟で、勝訴が確定した瞬間だった。
個人発明家が大企業と互角に戦うためになくてはならないものの一つが特許だ。しかし、特許を武器にして勝つためには、心理的・経済的・法律的なノウハウを組み合わせた、高度な戦略を必要とする。一方で、「知財立国」を標榜しながら、新しい技術・製品開発に閉塞感が漂う日本はいま、知財の正しい実務知識を身につけた「ジャパニーズドリーム」の実現が求められている。斉藤氏が歩んだ道は、まさに特許取得から、それを武器に実際のビジネスにするまでのフルコースの物語である。

本書は、特許実務の専門家・知財コンサルタントとして活躍する筆者が、当事者である斉藤氏および周辺関係者へのインタビューを実施。斉藤氏の戦いをノンフィクションで追跡しながら、特許戦略、特許に関わる諸問題のポイントを解説していくもの。一個人でも巨大企業を相手に勝てること。そのために必要な基本知識を実際例のなかで整理するとともに、一方で日本が抱える「知財立国」実現をはばむ意外と語られていない問題点をもあぶり出す。

第1章 齋藤憲彦という人物

第2章 創造せよ!

第3章 特許という武器が必要だ!

第4章 発明のプロセス

第5章 特許出願までの道のり

第6章 アイデアを売り込め!

第7章 アップルとの交渉

第8章 拒絶査定に打つ手なし?

第9章 勝つために戦え!

第10章 山が動いた

第11章 アップル事件から学ぶこと

本書出版に寄せて 齋藤憲彦

わが国の知的財産権制度にもっと関心を 上山浩

新井 信昭[アライノブアキ]
著・文・その他

内容説明

巨大企業相手に1歩も退かなかった男。4000日に及ぶ闘いから我々は何を学ぶのか?

目次

第1章 齋藤憲彦という人物
第2章 創造せよ!
第3章 特許という武器が必要だ!
第4章 発明のプロセス
第5章 特許出願までの道のり
第6章 アイデアを売り込め!
第7章 アップルとの交渉
第8章 拒絶査定に打つ手なし?
第9章 勝つために戦え!
第10章 山が動いた
第11章 アップル事件から学ぶこと

著者等紹介

新井信昭[アライノブアキ]
1954年生まれ。知財コミュニケーション研究所代表。新井・橋本・保坂国際特許事務所パートナー。ものつくり大学特別客員教授。知財コンサル3000件超の知財活用コンサルタント、博士(工学)、技術経営修士(MOT)、弁理士。高卒後、新聞配達やタクシー運転手などで貯めた資金で世界一周の旅に出るなどユニークな経歴を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エリナ松岡

7
こういう世界もあるのだな、という感じでした。著者の後書きにもあるようにアップル社を悪に仕立て上げるような内容ではありません。アップル社に限ったことではないですが、巨大な組織に個人で立ち向かうのは本当に大変だろうなって思います。▼すごく平易に書いてくれているんですが、やはり扱っている題材が特許だけにちょっと難しかった気はします。もちろん大筋で理解しましたが。驚いたのはやはり高額な印紙代、それから特許は取得しても水戸黄門の印籠ほどには効き目はなくて戦いを覚悟しなければならないことでしょうか?2019/11/08

アルコール入り専門書家くりりん

5
Appleよりも革新的技術革新的解釈に追い付こうとする意志がない司法に問題があるのではないか。 是非とも読んでいただきたい感動と憤りの実話である2020/10/25

Riko

5
図書館で借りた。特許出願の仕組みとか分かって面白かった。特許訴訟の印紙代の額にびっくり…。2019/03/12

Kazuo Ebihara

4
斎藤氏が、クリックホイールを生み出し、特許を取得するまでの道のりから、アップルとの法廷闘争で勝利するまでの10数年間を追っています。個人が、特許を取るには、専門家の手を借りるため、金が掛かり、企業に売り込んでも、大抵の場合、相手にされません。特許侵害を裁判に訴え、大きな賠償金を得るのには、賠償請求額に比例した莫大な裁判費用と、長い時間が掛かります。斎藤氏は、100億円を請求して3.3億円の支払い確定では、掛けた時間とコストを考えると勝った気がしなかったようです。 2019/04/10

ふるしゅん

3
iPod特許侵害訴訟の話だが、特許の勉強にもなる良書。難しい専門用語は使わず、平易な言葉で書かれているので読みやすい。3億円の勝訴ではあるが、「実質的には敗訴と同じ」とのこと。10年という時間とかなりの金、労力をかけて、100億円の請求に対してこの結果。日本で特許で稼ぐというのはなかなか大変そうだと感じた。2021/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13126492

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。