実務で使える戦略の教科書

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実務で使える戦略の教科書

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月27日 17時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784532322274
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0034

出版社内容情報

「戦略=フレームワーク」ではない。勝ち筋を描き、結果を出すための実践ノウハウを解説! 最新の領域を余すところなくカバー。●最新の領域をカバー。実務を優先して記述。
本書はMBA講座にも古くから取り入れられている「経営戦略」「事業戦略」の新しい教科書。すでに類書も多く出版されているが、本書には以下の特徴がある。

1.最新の戦略の議論をカバー
多くの戦略の教科書がいまだに80年‾90年代の米国の学説を中心としたものであるが、本書はその後の経営戦略の議論をカバーする。デル・モデルの登場に端を発し最近のプラットフォームの議論に至るビジネスモデル論や、最近のイノベーションの議論、さらには、戦略の実現過程を扱うストーリー論に至るまで、戦略の議論には多くの教科書がカバーしない領域が増えている。これらのテーマを単独で掘り下げた書物は数多くあるが、それらが戦略論全体の体系の中に位置づけられていなかった。本書ではこれらを網羅的に解説する。

2.実務領域を広くカバー
多くの戦略論の教科書は学説をベースとしたものであるが、本書は、実務を優先して記述する。大和ハウス、P&G、TBCなど、実例をあげて紹介。新興国などの市場に他社に先駆けて参入することは、インドの自動車市場へのスズキの例を挙げるまでもなく、多くの利益をもたらすものと実務では考えられているが、学説からはその重要性の指摘を聞いたことがないなど、実務と学説にはいささかのズレがある。それは、これまでの本では、戦略を導出する分析手法(フレームワーク)の解説が中心で、実際の戦略は何なのかは、よくわからずじまいだったからだ。理論上の分析は内部資源に偏ることが多いが、上記スズキの例のように、実際には、外部環境の分析から戦略は導かれることが多い。
本書は、多くの経営者や企画担当者に、実務上考えなければならない視点を提供する。

 導入部 戦略の基礎
第1章 戦略の意味と重要性――目的達成のための選択された手段

第2章 戦略の目的――あるべき財務業績、ビジョンを考える

 第1部 戦いのフィールドを選択する
第3章 市場の特性と選択――優良な市場を選択して資源を投下する

第4章 市場間のダイナミズム――複数市場間の資源配分をマネージする

第5章 競合との棲み分け:ニッチと差別性――市場内での位置取りを考える

第6章 経営資源からの視点――自社の資源が活きる市場を選ぶ

 第2部 自社側の陣形を整える
第7章 事業機能と主要成功要因――事業機能構築の優先順位を考える 

第8章 ビジネスモデルと事業構造――自社側の陣形や事業の運用メカニズムを整える

第9章 競合との非対称性の利用――競合との克服しがたい違いを利用して勝つ

第10章 提携――他社を利用して勝利し、業績を向上させる

第11章 財務モデル――効率的なカネの循環を設計する


 第3部 戦いを組み立てる
第12章 環境変化と不確実性――複数のシナリオを前提に意思決定する

第13章 ストーリー――戦略の実現経路を選択する

第14章 イノベーション――競合のいない世界を作り出す

第15章 戦略のマネジメント・プロセス――戦略をPDCAの中に置く

今枝 昌宏[イマエダマサヒロ]
著・文・その他

内容説明

ビジネスの要諦を最新事例を使って再整理。戦略って何でできているの?そもそも、なぜ重要なの?ビジネスモデルって何?将棋の棋譜やスポーツの試合運びをビジネスで活かすには?本質を見極める、画期的テキスト!

目次

導入部 戦略の基礎(戦略の意味と重要性―目的達成のための選択された手段;戦略の目的―あるべき財務業績、ビジョンを考える)
第1部 戦いのフィールドを選択する(市場の特性と選択―優良な市場を選択して資源を投下する;市場間のダイナミズム―複数市場間の資源配分をマネージする ほか)
第2部 自社側の陣形を整える(事業機能と主要成功要因―事業機能構築の優先順位を考える;ビジネスモデルと事業構造―自社側の陣形や事業の運用メカニズムを整える ほか)
第3部 戦いを組み立てる(環境変化と不確実性―複数のシナリオを前提に意思決定する;ストーリー―戦略の実現経路を選択する ほか)

著者等紹介

今枝昌宏[イマエダマサヒロ]
エミネンスLLC代表パートナー。ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授。愛知県生まれ。PwCコンサルティング、IBM、RHJI(旧リップルウッド・ホールディングス)などを経て現職。現在は、コンサルティングと研修の事業を経営するとともに、ビジネス・ブレークスルー大学大学院で「現代版企業参謀」の講座を担当。ビジネスモデル論、サービス経営、IoTビジネスなどを専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アベシ

15
人間の生態は千差万別である。標高何千メートルに住んでる人もあれば、極寒の地にあるいは灼熱の砂漠に住んでいる人もいる。戦略とは生きる場所を選ぶことだ。その場所で生き続けられるように自分を変えていくこと。選んだ地で生存できるように考えることが戦略である。自分たちがどこを選び、どうして生活しているのか、それをきちんと言葉で説明できるように考えたいと思った。そこからまた出発だ。2019/05/04

中島直人

10
(図書館)戦略論として、実際に考えておかないといけない点、押さえておくべき点を、網羅的に、ある程度具体的に書いてくれていて、頭に入りやすく、取り組みやすい。実際に実行してみるのみ。2018/11/15

ireadertj

3
戦略を立てるまでの人流れを、網羅的にわかりやすく書かれていて参考になった。戦略的な本の最初として読むにはすごく良いのではないかと。これで全体の流れを掴み、各細部をフレームワークの使い方などを別の書籍で補っていくような感じに使えるかな。タスクを進める上で、戦略の流れを振り返るときにも使えそう。 企業参謀を読んだあとに、この本は企業参謀の簡易版のようだなと思った。2018/11/03

Tetsuya Fujikura

2
全く違う分野だが、かなり面白い。よく「ストーリーで語れ」と言っている企業人の考えが分かる。具体例も色々書いてあるので、新入社員の頃に読んでおくのにオススメかも。2018/12/17

かずさん

2
戦略は囲碁・将棋のように学習可能なもの。棋譜を勉強していく。現実に起きた出来事を、記事やケースを通じて数多く見聞する。主要成功要因、シナリオドライバーなど、戦略の勘所を掴めるようになりたい。2018/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13099589

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。