社会が選ぶ企業

個数:

社会が選ぶ企業

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年07月19日 22時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322014
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C0034

内容説明

「数字に表れない情報」の伝え方による選別が始まった!「インタンジブルズ」「マテリアリティ」「レスポンシビリティ」「アウトカム」の4つのキーワードから、新しい経営と情報開示のあり方を説く。

目次

1 企業価値の源泉―比重高まる「見えざるもの」Intangibles(見えざるものの正体;ぶつかり合う価値観 ほか)
2 問われる存在意義―マテリアリティMateriality(意思決定のベースとなる企業の根幹;キャッシュフローに影響を及ぼす不確実な要素 ほか)
3 社会から課せられた責任―Responsibility(ソーシャルライセンス―社会が求める根源的責任;社会のなかでの役割を担う ほか)
4 アウトカム(成果)を生み続ける企業―Outcome(良い企業はローカルでグローバル;財務的価値の重要性 ほか)
ケーススタディ 先を行く企業たち―消費財の巨人、ユニリーバの事例(選ばれ続ける企業;環境的、社会的課題と持続的な価値向上への取り組み ほか)

出版社内容情報

世界的に高まる「社会との関わり方」で企業を選別する動きにどう対応すべきか? 最前線を知る筆者が、生き残る企業の条件を探る。「数字に表れない情報」の伝え方による選別が始まった。 9割の企業が「ノー」を突きつけられるかも!

◆儲けるだけではノーを突きつけられる
 コーポレートガバナンス、スチュワードシップ、ESG――世界はいま1つの大きな流れを加速させています。キーワードは社会から「選ばれる企業」。雇用や社会の発展への寄与、環境・貧困・犯罪問題への対応など、グローバル社会の安定維持と持続的成長に、どのように貢献しているか? 社会的存在としての価値を継続的に増大させているか? これらを基準に投資先や製品・サービスを選別する動きが活発化、対応できない企業はやがて淘汰される時代を迎えようとしているのです。
 日本で進むガバナンス改革も、この大きな流れの中にあります。例えば、巨額資金を持つ欧米の機関投資家は、ほとんどが企業に長期的成長と持続的な社会貢献を求め、それを基準に選別する投資スタイルを持っています。制度改革に汲々とし、おざなりな対応をしていたのでは、やがてこうしたうねりに飲み込まれ、(株式、製品・サービスの)2つの市場からの撤退を余儀なくされるかもしれません。

◆これから企業はどのように対応していくべきか?
 本書は、グローバル展開するコンサルティング会社の日本人スタッフが、過去20年以上にわたる企業、投資家等へのヒアリングなどを踏まえ、その核となる、?見えざる資産(Intangibles)、?存在意義(Materiality)、?社会から課せられた責任(Responsibility)、?グローバル社会への貢献(Outcome)の4つのポイントで整理。さらに先進企業の実際の取り組みを紹介するものです。自社の見えない資産までをどう評価し、表現・アピールすればよいのか。ステークホルダーとの関係をどのように構築すべきか。激変するグローバル社会のなかで生き残っていくために必要な考え方を提供します。

? 企業価値の源泉――比重高まる「見えざるもの」Intangibles

? 問われる存在意義――マテリアリティMateriality

? 社会から課せられた責任――Responsibility

? アウトカム(成果)を生み続ける企業――Outcome

ケーススタディ 先を行く企業たち――消費財の巨人、ユニリーバの事例

KPMGジャパン 統合報告センター・オブ・エクセレンス[ケーピーエムジージャパントウゴウホウコクセンターオブエクセレンス]
編集