人を「巻き込む」コミュニケーション技術―その気にさせる仕事のさばき方

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

人を「巻き込む」コミュニケーション技術―その気にさせる仕事のさばき方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月15日 03時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532321918
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

内容説明

仕事に大切なのは、適切な「説得」を行って周囲を「巻き込む」技術である。巻き込みの第一ステップは、関係形成の場を作ることである。「人間は、一人では生きられない」ことを理解しなければ、周囲の共感を得、巻き込んでいくことはできない。さまざまな褒め方のコツを身につけ、効果的に使いわける。相手を認めて肯定的に考える。周囲を「巻き込む」ときは、相手にイメージさせるように伝えることが大切である。コミュニケーションに関わるスキルには、成長の上限がない。

目次

序章 仕事は人を「巻き込む」ことによって成り立つ
第1章 周囲との距離を詰める3つのポイント
第2章 周囲の共感を得る3つのポイント
第3章 ターゲットに当事者意識を持たせる3つのポイント
第4章 ターゲットをその気にさせる3つのポイント
第5章 周囲に責任感を植えつける3つのポイント
第6章 ターゲットを持続的に巻き込み続ける3つのポイント

著者等紹介

櫻井弘[サクライヒロシ]
東京都港区生まれ。工学院大学、スリーエム・ビジネスシステムズを経て1992年に話し方研究所専任講師となる。金融、サービス、IT関連等の民間企業をはじめ、人事院、各省庁、自治大学、JMAなどの官公庁、各種団体等で主としてコミュニケーションに関する研修・講演を手がけている。1996年話し方研究所主任教授、事業開発営業部長。2004年話し方研究所所長。櫻井弘話し方研究所代表取締役、話し方研究所顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

味方を増やせば、仕事は面白いようにどんどん回る!すごい結果が出るようになる人の動かし方仕事は多くの人達を巻き込むことによって成立し、それらが円滑にいってこそ成果がでる

◎話し方のプロとして研修・講演・著作を多数手がける実務家である著者が、人を巻き込む手法を流れに沿って解説し、実践すべきポイントをそれぞれ3つに絞って簡潔に解説。
◎実例話集や図表を多数交え、仕事に直結するコミュニケーション技法を、分かりやすく実践的な内容で展開するスキル本。2色刷りで、ビジュアル的にも理解しやすいつくり。
◎コミュニケーション教育に定評がある著者は、こうしたメソッドを解説したあらゆるコミュニケーション技術に関するベストセラーも連発しており、一般ビジネスパーソンや研修先の圧倒的な支持を得ている。
◎著者の主なベストセラー:『相手のイエスを必ず引き出すモノの伝え方』『大人なら知っておきたいモノの言い方』『誰と会っても会話に困らない雑談力』(いずれも永岡書店)

序 章 仕事は「人を巻き込む」ことによって成り立つ

第1章 周囲との距離をつめる3つのポイント

第2章 周囲の共感を得る3つのポイント

第3章 ターゲットに当事者意識をもたせる3つのポイント
 
第4章 ターゲットをその気にさせる3つのポイント

第5章 周囲に責任感を植えつける3つのポイント

第6章 ターゲットを持続的に巻き込み続ける3つのポイント

櫻井 弘[サクライヒロシ]
著・文・その他