検証働き方改革―問われる「本気度」

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

検証働き方改革―問われる「本気度」

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532321710
  • NDC分類 366.11
  • Cコード C0034

出版社内容情報

かけ声倒れで終わるのか
日本の仕事のあり方を変えるのか。
本格化する議論の最先端を追う!

3月末に政府「働き方改革実現会議」がまとめた実行計画にもとづき、
関連法の改正に向けての国会での議論がこの秋から始まる。

生産性向上や非正規社員の処遇改善といった「総論」に反対する人はほとんどいないだろう。
しかし様々な立場、利害の異なる人たちが関わるため、
各所で異論、不満、不安の声が噴出している。

「本当は残業してでも思いっきり働いて成長したい」
「自ら非正規を選んだのに、処遇改善で責任が重くなっては元も子もない」……

働く現場、経営者、人事・採用担当者、法制度を管轄する役所など、
幅広い取材にもとづき、「働き方改革」のこれからを丁寧に読み解く。


◎本書の主な内容
-「モーレツ社員」がいてもいい
-名ばかり「一億総活躍」につのる不満
-変わらぬマネジメントの意識
-「電通問題」が残したもの
-改革推進に透ける労使の打算
-現場の叫び「だから残業が減らない! 」
-女性・シニアに「補欠」はない
-なぜ雇用改革は進まないのか
-同一労働同一賃金の迷路
-目指すは成長。本当に始まった人材大移動 ほか

内容説明

2017年3月の「働き方改革実行計画」策定後の動きを追い、今後の論点を明確にしました。「働き方改革10の疑問」で改革の全体像がわかります。キーパーソンへのインタビューを多数収録、多面的な視点が得られます。日経独自調査による、企業やビジネスパーソンの「生の声」を掲載しました。

目次

1章 「働き方改革」に足りない視点(「同一労働同一賃金」の迷路―努力の成果、どう報いる;「一億総活躍」では不十分―外国人が先導する現実 ほか)
2章 公正な評価と脱長時間労働(自由な職場とAIを武器に―24時間、賢く生きる;女性・シニアは「補欠」じゃない―最前線に立ち続けよ ほか)
3章 会社に縛られない、社員を縛らない(成長めざし人材大移動―光る才能、使い尽くせ;労働環境が生み出す生産性―人件費こそ投資の対象 ほか)
4章 働くルール改革を検証する(仕切り直しの内閣改造―17年秋の国会、最重要法案に;大山鳴動の脱時間給―政労使協議に微かな光明 ほか)
5章 提言・働き方改革(働く力、再構築の時―有識者提言;崖っぷちは好機 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

89
バランスが取れた良書。民はそれぞれ独自の考えを示して、官はどこまで「改革」に手を出せば良いのかを問いかけている。政府が介入すぎると、厚労省のお膝元で「働き方改革は本当に楽しいですか?」とポスターを貼られてしまうし。私見を述べれば「働き方改革」は民間企業が独自のポリシーでやれば良いと考えている。問題なのは「働き方改革」に失敗した企業の従業員をどこまで社会保障の枠組み入れるかだと思う。貧困対策は官ができる数少ない仕事のうちの一つであり、どこまで再教育や職業再訓練に「実弾」を発射できるかにかかっているだろう。2017/11/01

Humbaba

1
殆どの人にとって、仕事の時間は日々の生活の多くを占める。しかし、今の一般的な働き方が最適であるかと言えば、そうではないと応える人が多いだろう。誰もが満足するルールをつくると言うのは難しいが、だからと言ってやらずに諦めてしまうのでは何も改善されない。厳しい道でも、歩みと止めず進める進めることが求められる。2017/11/18

Kitamuu

0
裁量労働制、同一労働同一賃金、インターバル制度、現場を知らない偉い人たちが決める改革についての様々な意見を紹介。残業を減らす事だけが目的に見ているが、根本的な対処をしないと、表向きの残業はへひ、サビ残が増えるのでは。2018/11/23

Toshiharu Hayashi

0
この本は誰を想定読者にしているのだろう。多様な働き方ができるように、と言いながら、結局は平均的なサラリーマンを念頭においているような感じを受ける。この本の枠外にいるような人にどういう影響があるかとかも網羅しないと検証と名乗れないんじゃないかな、と2018/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12234894

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。