宅配がなくなる日―同時性解消の社会論

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

宅配がなくなる日―同時性解消の社会論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 01時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532321536
  • NDC分類 675.4
  • Cコード C3034

出版社内容情報

なぜ、ヤマト運輸・三越伊勢丹は躓いたのか?「ネットで買えても欲しい時に届かない」問題を第一人者が「逆転の発想」で解く。

内容説明

なぜ、ヤマト運輸・三越伊勢丹はつまずいたのか?アマゾンの猛攻に日本企業は耐えられるのか?「ネットで買えても欲しいときに受け取れない!」問題を業界分析の第一人者が「逆転の発想」で解き明かす。

目次

第1部 なぜ、ヤマト、三越伊勢丹はつまずいたのか(宅配ネットワークが崩壊した本当の理由;三越伊勢丹を揺さぶった時空価値競争)
第2部 同時性解消と時間資本主義(同時性解消のインパクト―コミュニケーションから生産性へ;時間の効率化・快適化と同時性;空間シェアリングと時間価値)
第3部 近未来流通と同時性(アマゾンが仕掛ける3つの刺客;人間に残るもの;それでも人は移動する;人間の希少性が高まる時代)

著者等紹介

松岡真宏[マツオカマサヒロ]
フロンティア・マネジメント株式会社代表取締役。東京大学経済学部卒業。外資系証券などで10年以上にわたり流通業界の証券アナリストとして活動。2003年に産業再生機構に入社し、カネボウとダイエーの再生計画を担当し、両社の取締役に就任。2007年より現職

山手剛人[ヤマテタケト]
フロンティア・マネジメント株式会社産業調査部シニア・アナリスト。東京大学経済学部卒業。1999年、ウォーバーグ・ディロン・リード証券(現UBS証券)に入社。2003年に同社最年少でシニア・アナリストに就任し、小売セクターの調査を担当。50社以上の消費関連企業の格付けを行い、国内外のアナリストランキングで上位評価を受ける。2010年にクレディ・スイス証券に移籍。2017年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんちゃん

28
時間をリアルに共有せざるをえない同時性がビジネスを支配していた従来のモデルをAmazonがぶち壊そうとしている。同時性解消で時間効率は飛躍的に高まり、宅配やコンビニ、ましてや商店街は大きな転換を迫られる。創造時間価値の最大化、どこまでも人間臭い行為こそ生き残りの道と著者は言う。確かにそうだろう。余計なものを削ぎ落とすほど、かえって余計なものが恋しくなる。人間臭さの極みと言えば好いた惚れたの世界だ。仮想世界で過ごす時間が長くなり、人との交わりが商品価値となる時代がやってきているのだ。2017/07/06

緋莢

21
図書館本。タイトルの「宅配がなくなる日」、そして、帯の<ヤマト運輸・三越伊勢丹はつまずいたのか?>の三越伊勢丹はともかく、ヤマト運輸はつまずいたのか?が腑に落ちなくて、手に取りました。他の方も書いてますが、副題の「同時性解消の社会論」の方がメイン。<配達人と受取人が同じ時間や空間を共有して対面することを強いられている。この「同時性」の持つ〝非効率”をどのように解消し、セルフサービス化していくか>同時性の解消として、著者が提案するのは町中に自動販売機、郵便ポスト並に宅配ロッカーを設置するというもの(続く2018/02/02

Bun-ichi Kawamoto

12
時間資本主義が深化してくると人とモノとの関係は動的になり、物流も一つの企業がセンターを運営して配送してという自前主義のカタチではなく機能の組み合わせでサービスを実現するようなインフラ構造に変化していくのだろう。2017/08/22

はる坊

10
人は、豊富な品揃えや自宅を出なくても商品が届くといった、時間価値の「快適化」を求める一方、商品をすぐ手に入れたいという時間価値の「効率化」も求める。また、ネット通販を利用して、「同時性解消」を求めるが、実際にお店に出向いて人に会い商品に触れるなど、「同時性」も必要とする。宅配においては、受取人がいないと成り立たない現在の制度の問題点を指摘し、宅配ボックス等を全国津々浦々に設置することでそれは解消出来るのではないかと提言。宅配制度の根本的な解決が急がれる。2017/11/09

ネコ虎

8
クロネコヤマトとアマゾンの宅配問題に興味があったので読んでみた。同時性解消という切り口から宅配だけでなく、サービス産業全体とそれを利用する消費者の関係を論じている。全体はテレ東WBSの特集を見ているような感じで、同時性解消のために様々な取り組みが早いテンポで進んでいることが紹介される。同時性解消は消費者が時間の有効活用、すき間活用のために望んだものだとしているが、その行きつく果ての社会はディストピアだろう。すき間活用は良きことのように著者は言うが、そのすき間を会社に盗まれ支配されるなら (続く)2017/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11962098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。