カルロス・ゴーンの経営論 - グローバル・リーダーシップ講座

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

カルロス・ゴーンの経営論 - グローバル・リーダーシップ講座

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532321307
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

出版社内容情報

何が人を動かすのか?――大手・中堅企業の幹部候補生との白熱のやりとりをリアルに再現した超実践的リーダーシップ養成講座。「周囲が『このままでいい』というなか、自分1人だけでも『ノー』と言えなければならない」
「リーダーであることを決めるのは、自分ではなく周囲の人である」
「リーダーはポーカーフェイスでなければならない」
「トップが後継を指名するのは間違い」
――大手・中堅企業の幹部候補生を対象にした「逆風下の変革リーダーシップ養成講座」。500分に及ぶ受講生とゴーンとの白熱のやりとりをリアルに再現。

◆実践からしか学べないリーダーシップ
日産の再生、EVなど新たなクルマの開発、そして三菱自動車会長職──今もっとも注目を集めるリーダー、カルロス・ゴーン。本書は、日産財団と早稲田大学が中心となった社会人向け特別プログラム「逆風下のリーダーシップ養成講座」において大手・中堅企業の幹部候補生たちの質疑に応じた「ゴーンセッション」を再構成。その経営理念と信念を、グローバル時代のリーダーシップのあり方に焦点を当て、説き明かすもの。厳しいグローバル競争のなかに身を置き、実績を出し続けてきたゴーンならではの「金言」満載で、教科書からは学べない、まさに実践の書。

◆ゴーン版「白熱教室」
受講生たちの鋭い質問を受けゴーンが熱く語るリーダー論を中心に、彼のもとナンバーツーとして日産再生に尽くした志賀俊之氏が語る知られざるゴーンの素顔とリーダーを支えるフォロワーの役割を、『白熱教室』ばりのライブ感で再現。さらに、経営学者がアカデミックな視点から、現代に求められるリーダーシップ論を深掘り解説する。

? 国境を越え、世界を、未来を見つめる
  ――グローバル・リーダーとは

? リーダーは完璧であるべきなのか?
  ――変革のリーダーシップ、意思決定

? 目的地を示す
  ――中長期的な目標を示し、同時に短期的問題を解決する
    (現場の把握、ビジョン、目標設定)

? 既成概念を疑い、異文化を取り込み、組織を活性化する
  ――ダイバーシティ、モチベーション

? ミドルマネジャーのリーダーシップと後継育成
  
? カルロス・ゴーンは日産の何を変えたのか

? レジリエント・リーダーシップ
  ――有事にこそ問われる危機管理、レジリエンス

公益財団法人日産財団[コウエキザイダンホウジンニッサンザイダン]
1974年、財団法人日産科学振興財団として日産自動車により設立。
2011年、公益財団法人への移行を契機に、名称を公益財団法人日産財団に変更。人材育成を活動の軸として社会貢献活動を行っている。

太田 正孝[オオタマサタカ]
早稲田大学商学学術院教授。博士(商学)。
早稲田大学商学部卒。同大学院商学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
同大学院商学研究科長、早稲田大学常任理事、MIT客員研究員、IMD客員教授、英ケンブリッジ大学客員研究員等を歴任。

池上 重輔[イケガミジュウスケ]
早稲田大学商学学術院准教授。博士(経営学)。
早稲田大学商学部卒。英ケンブリッジ大学経営大学院経営学修士、英シェフィールド大学大学院国際政治経済学修士ほか。BCG、ソフトバンク、ニッセイ・キャピタルなどを経て、現職。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

67
【学習】長年親しまれた車名をクロージング出来る人物を起用する。こうした記述が出て来る。つまり、貴方はサニーという名前を日産社員としてリーダーシップをとって消すことを判断し、実行できるか?こうした力は、本人のリーダーシップ力と能力と実行力がいる。特に実行力を重視しているのだろう。ブレないゴーンが、志賀氏のインタビューで描写されている。その他、含蓄溢れる本であった。折しも、ゴーン氏の日産CEO退任や元腹心がCEOを務めるPSAグループのオペル買収という時期に読了出来、更に興味深かった読了となった。2017/03/12

まちゃ

55
日産の再生で結果を出し続けてきたカルロス・ゴーンの人となりとそのリーダーシップ・スタイルに興味がある方にお薦めです。グローバル・リーダーとしてのキャリアを積んだゴーンならではの考え方が新たな気づきを与えてくれる一冊です。2017/03/18

さだはる

24
ゴーン氏へのインタビューと学術的解説で構成されている。更に番頭役の志賀氏がゴーン氏のリーダーシップ論を要諦。日産リバイバルプランを掲げ達成出来ない時は職を辞するとまで公言し見事に改革を果たしたゴーン氏。高い精神力とエネルギーだけではなく、思慮深さもあり、その上で大胆な意思決定をする。そしてブレない。常に「本質と大義」が存在する。もう書ききれませんが公言を上回り2017年度世界シェアはトヨタを抜き2位。行きたくなります株主総会。2018/10/11

をよよ

6
これまた「私にはハードルが高すぎたか」な一冊。精神的な部分は興味深かったのだけれど、文章がアカデミックで目がすべるところ山盛り……でした。2019/03/18

shun

5
ミドルマネージャーのリーダーシップに関して、多くの気づきを得た。中長期的な目標を示し、同時に短期的問題を解決する考え方も大変参考になった。2017/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11512786

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。