弁護士は見た!職場の労働トラブル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784532321178
  • NDC分類 366.14
  • Cコード C3034

出版社内容情報

泣き寝入りは厳禁! 労働法を専門とする女性弁護士がよくある事例をコミックエッセイで紹介、対処法を説く。 『派遣先の男性社員から執拗なセクハラ』
『契約社員。いつかは正社員にと言われつつ実現しない』
『「年俸制だから残業代は出ない」と言われたが?』

――抱えこんじゃダメ。これらはすべて法律問題です!


“知っているのと知らないのとでは大違い"の労働法のエッセンスについて、
女性弁護士と女性社労士が
コミックエッセイを交えつつ、やさしく解説。


産休・育休の制度から、残業と労働時間、どこまでがセクハラか、
困ったときの相談窓口など、実用的な情報も盛りだくさんの1冊です。

藤池 尚恵[フジイケナオエ]
弁護士、和田倉門法律事務所所属。一橋大学法学部卒業、学習院大学法科大学院修了。2008年弁護士登録

澤田 由美子[サワダユミコ]
澤田社会保険労務士事務所所長、社会保険労務士。同志社大学法学部卒業後、吉本興業入社。92年退社。98年社会保険労務士開業。特定社会保険労務士資格保有

カワハラ ユキコ[カワハラユキコ]
イラストレーター。雑誌や書籍、広告などで活躍

内容説明

残業代が支給されてない…育休明けの異動…マタハラ?会社の都合でとつぜん減給。派遣先の社員からセクハラ。契約社員「雇止め」を匂わされた。コミックエッセイでわかる!知らないと損する労働法のキホンと対策。

目次

1 もしかしてこれって、「法律」問題?(産休・育休;マタハラ)
2 働くときに知っておきたい決まりごと(残業代と労働時間;就業規則)
3 泣き寝入りしていませんか?実はそれ、「違法」です(セクハラ;契約社員;不利益変更)

著者等紹介

藤池尚恵[フジイケナオエ]
弁護士、和田倉門法律事務所所属。一橋大学法学部卒業、学習院大学法科大学院修了。2008年弁護士登録

澤田由美子[サワダユミコ]
澤田社会保険労務士事務所所長、社会保険労務士。同志社大学法学部卒業後、吉本興業入社。92年退社。98年社会保険労務士開業。特定社会保険労務士資格保有

カワハラユキコ[カワハラユキコ]
イラストレーター。雑誌や書籍、広告などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユカ

39
図書館で新刊コーナーにあったので。最近、会社の労務関係でごたごたがあったので、興味もありました。マンガでおもしろく事例紹介がされ、その後に文章で解説があり、ページ数や文字が多くないのでとっつきやすい本です。事例は残業代、産休育休、パワハラ、セクハラなどごく身近なもの。社会に出たての新人さんや女性にオススメです。実際、会社側も労務関係法規の内容を知らないということが結構あるようなので、働く側も基本的な知識はあったほうがいいんだなと勉強した次第。2016/12/11

こうせいパパ

25
マンガを挟んでいるので、読みやすく分かりやすかった。世の中にはいろんな会社があり、いろんな立場の人がいる。知らないと損することも多く、情報や知識の収集には常にアンテナを張っておきたい。2017/01/02

ひなた

12
新入社員や契約社員、働きならが子育てする女性などいろんなタイプが登場し、産休、残業代、セクハラなど、職場で問題になりそうなトラブルを漫画で紹介され、そのあとにきちんと文章で解説されていたので、とても分かりやすく勉強になりました。働く側を保護するためにいろんな法律があるけど、知らなかったら損をすることもあるので、基礎は押さえておきたい人にはいいかも。逆に会社を運営する側を守るための本もあればいいのに。2017/01/07

天翠

3
幸いにして例に挙げられているトラブルとは無縁の状況だが、いつ必要になるかはわからないので後学のために一読。読みやすくわかりやすいので、これを入門編とし、さらなる勉強が必要だと思った。2018/06/15

Tomitakeya

3
日頃から起こりそうな労働に伴う問題がマンガを交えて平易に解説されている。働く上での会社との問題解決の糸口か見つけられる一冊。2017/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11256386

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。