現場が動き出す会計―人はなぜ測定されると行動を変えるのか

個数:
電子版価格 ¥2,112
  • 電書あり

現場が動き出す会計―人はなぜ測定されると行動を変えるのか

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月02日 11時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 361p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532320645
  • NDC分類 336.84
  • Cコード C3034

出版社内容情報

京セラ、日本電産など強い企業は会計を武器にしている!戦略を熟知した経営学者が会計学者とともに現場が自然と動く仕組みを解説。

内容説明

この本は、管理会計についての入門的な教科書として書かれている。ただ、類書とは構成も力点の置き方もかなり違う。その違いを一言で表現すれば、「人間が主役の管理会計」ということになろうか。だから、会計的な計算法についての解説よりも、管理会計システムが生み出すデータが企業の現場の人々の行動にもたらす歪みや、管理会計システムを作る側が陥りやすい落とし穴の解説が多い。現場の人間行動を十分に了解した上で、管理会計システムは設計され、運用されなければならない。そして、それが出来ている管理会計システムには、現場の人々を動かす力がある。本書で取り上げている京セラのアメーバ組織は、その実践例だ。

目次

管理会計は経営システムの要
利益とは何なのか
勘定合って、銭足らず
どの組織単位の業績を、何で測るか
原価計算がもたらす情報と歪み
事業部の利益計算はむつかしい
「ついつい」の資産増加を防ぐには
アメーバ経営と時間当たり採算
予算管理のウソ・マコト
投資採算計算の方法と落とし穴
研究開発管理システムの「最適なゆるさ」とは?
多様な影響システム―管理会計を超えて
なぜ人は測定されると行動を変えるのか
会計を武器にする経営

著者等紹介

伊丹敬之[イタミヒロユキ]
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了(PhD)。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。この間スタンフォード大学客員准教授等を務める

青木康晴[アオキヤスハル]
成城大学経済学部准教授。2004年一橋大学商学部卒業、09年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。名古屋商科大学専任講師を経て、12年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はち

7
@85 非常に ロジックが分かりやすい。数字の式や決算書の読み方ではなく管理会計の目的と影響が理解できる。会社や事業だけでなく、マネジメントにも応用できる考え方。2016/10/19

てつJapan

6
【○】会計制度が現場にどういった影響を及ぼすのか、という観点の本のため、現場に配属された新任管理職や若手社員が読むのにいいのかな、と思いました。この本を読むと、次京セラのアメーバ経営について知りたくなりました。2016/08/13

山口 健俊

4
一応、管理会計の本。管理会計と言っても、一般的なバリバリ会計的なことは全く出てこない。 管理会計が、部下から上司への報告機能である情報システムとして機能する一方、行動を測定される部下は、それに合わせた行動を行う影響システムとしての機能も同時に発生してしまうことを論理的に解説している。 単に、影響システムの生み出す状況を説明するだけで無く、その影響をコントロールするやり方にまで触れられているところが、とても整理されていて大納得です。 人事評価システム設計の本?という感じですが、とてもお勧めの本です。2018/03/14

tkokon

4
【影響システム】「測定された数値は改善する」という一般則があるが、本書のテーマは「測定された数値は影響を与える」というもの。ある数値を測定すれば、測定される側はその数字を良くしようとがんばるが、同時に副作用も発生する。例えば、投資回収を厳しく問うと、手堅い投資案件しか上がってこなくなるし、数字を「お化粧」するようになる。測定する指標を評価に直接結びつけなくても、影響を与えることは十分にありうる。それは、「周囲の目」「外部の目」を気にするからだ。そうした考察を広く行っているありそうでなかった一冊。2016/08/31

Seiichi Takayama

4
MOTで受けた授業の中で、最高に面白かった授業の一つが「管理会計」。会計の知識など皆無に等しかった私がなぜそんなに面白いと感じたのか?それは「人の行動を変えるための会計」という視点で進められるからだと思う。学生のレポートを基にその場限りで組み立てられるライブな授業は、数式や決まりごとを学ぶだけでは得られない、会計を通じた人間の心理を学ぶ場でもあった。●人は測定されるだけで行動を変える。評価に繋がらなくても、測定されるだけで変わる。そしてその行動は、当初意図していなかった結果をもたらしてしまうことがある。よ2016/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10736789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。