トリガー―自分を変えるコーチングの極意

個数:

トリガー―自分を変えるコーチングの極意

  • ウェブストアに35冊在庫がございます。(2016年09月28日 05時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532320492
  • NDC分類 336

内容説明

「やろうとしていたことを先延ばしにしてしまう」「些細なことでカッとなる」…。大人になってから悪い習慣を変えるのは難しい、最後までやり遂げるのはもっと難しい。なぜ私たちは、なりたい自分になれないのか?それは「環境」がトリガーとなって、私たちの行動改善を阻んでいるからだ。意志の力だけに頼っていては、人は変われない。本書では、私たちの行動を決定づける「トリガー」が何かを解明し、トリガーを味方につけて行動を有意義に改善して、それを長続きさせる仕組み―セルフ・コーチングの極意を、数々の名経営者たちを指導してきた著者が伝授する。

目次

1 なぜ、なりたい自分になれないのか(大人の行動改善は難しい;行動改善を阻む「信念のトリガー」;それは環境だ;トリガーを定義する;トリガーはどう働くか;計画するのは上手だが、実行するのは下手;環境を予測する;変化の輪)
2 実践する(能動的な質問の力;エンゲージの質問;日課の質問を実行する;計画する人、実行する人、そしてコーチ;空っぽの船)
3 もっと仕組みを!(仕組みがなければ、私たちは改善しない;だが、正しい仕組みでなければならない;自我が消耗する中で行動する;助けが得られそうもないとき、助けを必要とするものだ;一時間ごとの質問;「まあまあ」の問題;トリガーになる)
4 後悔しない(エンゲージメントの輪;変化のない生活を送る危険)

著者紹介

ゴールドスミス,マーシャル[ゴールドスミス,マーシャル] [Goldsmith,Marshall]
エグゼクティブ・コーチングの第一人者。GEやフォードなど、世界的大企業の経営者100人以上をコーチしたことで知られる。またGoogle、UBS、ゴールドマン・サックス、クレディ・スイス、モトローラなどでエグゼクティブ開発に携わる。1949年ケンタッキー州生まれ。UCLAで博士号、インディアナ大学でMBAを取得。1976年から大学で教鞭をとるかたわら、専門とする「360度フィードバック」の手法を駆使してリーダーシップ能力開発プログラムに従事

ライター,マーク[ライター,マーク] [Reiter,Mark]
リテラリー・エージェント兼作家

斎藤聖美[サイトウキヨミ]
1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。日本経済新聞社、ソニー勤務の後、ハーバード・ビジネススクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行のエグゼクティブ・ディレクターなどを経て独立。数々の企業立ち上げに携わり、現在はジェイ・ボンド東短証券代表取締役社長。著訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件