なぜ社員はやる気をなくしているのか―働きがいを生むスポンサーシップ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532313265
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

出版社内容情報

誤った改革、強いリーダーシップが組織を蝕む。
若者から管理職にまで拡がる閉塞感を打ち破り、日本的チームワークを再構築する新しい考え方!
◎社員を主役にするスポンサーシップへの転換が鍵。
◎引き算ではなく足し算の人間観を持ち、答えを一緒につくる。
◎経営と仲間への信頼感がつくるセーフティネットを築く。
◎不満分子の隠れたやる気に火をつける。
◎「仲のいいけんか」ができる質の高いチームワークを発揮。
◎変革を小さく生んで大きく育てる。

内容説明

先進企業から再建会社まで、効果を上げる風土改革の新手法。

目次

プロローグ 何によって人は動くのか―「つくり込み」の変革プロセス
第1章 なぜ社員は主体性をなくしているのか―内発的動機が失われた理由
第2章 閉塞感を打ち破る―進化の「価値観」を共有しよう
第3章 不満分子の隠れたやる気―関心を内発的動機に変える
第4章 経営と仲間への信頼感―内発的動機が引き出される条件づくり
第5章 リーダーシップからスポンサーシップへ―内発的動機を引き出すトップの役割
第6章 「仲のいいけんか」ができる組織―チームで内発的動機を喚起する
第7章 変革の新しい進め方―最小単位で成功例をつくる

著者等紹介

柴田昌治[シバタマサハル]
(株)スコラ・コンサルト代表。1979年東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。大学院在学中にドイツ語語学院を始め、30代の頃はNHKテレビ語学番組の講師を務める。ビジネス教育の会社を設立後、80年代後半から企業風土・体質改革のコンサルティングに取り組む。変化を妨げている価値観を変えながら変革のプロセスをつくり込んでいく「プロセスデザイン」というやり方が特徴。社員が主体的に人と協力し合っていきいきと働ける会社をめざし、社員を主役にする「スポンサーシップ経営」を提唱、支援している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。