日経プレミアシリーズ
ユーロ危機と超円高恐慌

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784532261498
  • NDC分類 338.9
  • Cコード C1233

内容説明

二つの大戦の教訓を、ユーロによる欧州統合の夢に生かそうとした独仏。しかし発足時から抱えていた根本的矛盾が今、ユーロに噴き出している。ギリシャから始まった危機はドルと円を揺さぶり、日本を「失われた20年」の困窮に陥れている。そこからの脱出策を多くの実証データで提言する。

目次

第1章 深刻化するギリシャ債務危機
第2章 ユーロ圏の金融危機と政府債務危機の悪循環
第3章 ユーロは崩壊するか
第4章 ドルの信認は崩れたか
第5章 日銀が生み出しているデフレと超円高
第6章 デフレ・超円高から脱却する鍵は日銀法改正にあり

著者等紹介

岩田規久男[イワタキクオ]
学習院大学経済学部教授。1942年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院修了。上智大学経済学部教授を経て、98年より現職。著書に『昭和恐慌の研究』(編著、第47回日経・経済図書文化賞受賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。