日経プレミアシリーズ<br> 人事部は見ている。

個数:

日経プレミアシリーズ
人事部は見ている。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 00時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784532261221
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C1234

内容説明

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのか―。一般社員がなかなか知ることのできない「会社人事のメカニズム」「人事部の本当の仕事」などを、大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と人事担当者への取材をもとに包み隠さず書き尽くす。

目次

第1章 人事部は何をやっているのか
第2章 考課と異動の不満の矛先
第3章 社員の「情報」を集めるルール
第4章 人事部員が見た出世の構造
第5章 正義の味方はしっぺ返しを受ける
第6章 曲がり角に立つ人事部
第7章 社員の人生は社員が決める

著者等紹介

楠木新[クスノキアラタ]
1979年、京都大学法学部卒業後、大手企業に勤務。人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長等を経験。勤務のかたわら、関西大学商学部非常勤講師を務める一方、ビジネスパーソン200名にロング・インタビューを重ねる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

127
人事担当者が社員をどう見ているのか、見られているのか?何を基準にしているのか?など色んな角度から見た人事があって興味深い内容だった。2013/10/02

ehirano1

83
タイトルからは何やらオドロオドロシイ内容かと思いましたが、『人事部』という部門の在り方と内在性理論が実例を交えながら分かり易く記載されていました。勿論、『人事部の在り方』は会社によって異なると思いますが、当方は著者の考えに共感することが多かったです。2019/10/12

ehirano1

80
人事評価の内在性理論をふんだんに学べる良書ではないかと思います。2020/09/18

ehirano1

78
矛盾を抱える人間の集団を扱うには、特効薬はないので、ヘーゲルの弁証法という古典的なアプローチが唯一の方法論ということですかね?むしろ、あくまで第一選択肢ということの方が納得できます。その唯一の方法論がダメな場合だってあるでしょうし、もしそうなったらどうすんの?と思ってしまいます。2022/01/13

ehirano1

78
『・・・中には煮ても焼いても食えない感じの人もいる。原則論に拘るよりも着地点を見ながら柔軟に交渉するしたたかさが彼らに求められる・・・(p37)』。サラーっと書いてありますが、これが結構難しいですね。交渉事が多い部門の方はこの辺は上手くやるんだろうなぁとは思いますが、評価≒交渉になってしまわないかと余計な心配もしてしまいました・・・。2021/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3174586

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。