日経ビジネス人文庫
げんきときれいをつくる五味五色

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784532196684
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C0177

内容説明

「食養生」に医者いらず。知ってると知らないでは大違いの食の効能。毎日5つの色と味を意識した食事が、あなたの5年後のげんきときれいをつくる。「医食同源」4000年の歴史が証明する「心も体も健康に過ごせて、しかもおいしい」―楽しい食生活の基本。

目次

第1章 中国四〇〇〇年の知恵を伝えるおばあちゃん
第2章 病気になりにくい体をつくる
第3章 春に食べるもの、食べ方
第4章 夏に食べるもの、食べ方
“げんき”と“きれい”のレシピ
第5章 秋に食べるもの、食べ方
第6章 冬に食べるもの、食べ方
第7章 食べて防ぐ、食べて治す
付録 ひと目でわかる五味五色帖

著者等紹介

パンウェイ[パンウェイ]
料理研究家、食養生研究家。中国北京生まれ。NHK中国関連番組の翻訳・コーディネータとして活躍。NHKの『中国語会話』で中国食文化を紹介したことがきっかけで料理研究家を志す。都内にて薬膳料理や中国家庭料理の教室を主宰。『きょうの料理』等のテレビ出演の他、講演会でも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆきのひ

14
陰陽五行説の話をしたら、職場の人が本書を貸してくれた。著者は北京生まれの料理研究家、食養生研究家。季節の食べ方、不調な症状を緩和する食べ物などがわかりやすく書かれている。3年後、5年後の体を作るにも、毎日の食事がとても大切なことがわかった。秋に体が痒くなるのですが、それは夏の余熱が体に溜まっていることによるもの。体の悩みが一つ消えた。巻末に旬の食材カレンダーがあり、効能も書いてあって便利。時々読み返したいので、本書を購入しようと思う。2016/06/15

shizuka

1
こころと体は、食べたもので作られる。という考えに共感して、日々の食事には、ちょっぴり気を使っている。だからこういう本は大好き。漢方にも興味を持ち、陰陽の知識を少し蓄えていたので、知識が上書きされたようで、ためになった。スポーツ選手に食事の指導をしている方も、一日の食事で5色の食べ物をとるように言ってたなあ。黒の食べ物は、意識して取らないと難しいと再認識した。2018/06/08

A

1
なるほどな~と。なんとなく覚えておこう程度に。今の私は生野菜を控えた方がよさそうな。自分が陰なのか陽なのかわからない。2017/03/03

あや

1
中国4000年の歴史はすごい。3ヶ月後、3年後の家族のために明日から実践したい内容。2013/10/14

fergie

0
大切な本2017/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5700824

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。