日本美術の冒険者―チャールズ・ラング・フリーアの生涯

個数:
電子版価格 ¥3,850
  • 電書あり

日本美術の冒険者―チャールズ・ラング・フリーアの生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月29日 05時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 369p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532177058
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0071

出版社内容情報

琳派、北斎の肉筆浮世絵……世界屈指の2000点の日本美術を蒐集した米国人の初の日本での評伝。美への情熱と生々しいディールに息を呑む。

米国ワシントンDCのスミソニアン博物館群の中に、1923年、米国初の国立美術館として開館したフリーア美術館がある。収蔵作品の目玉は、約2000点の日本美術では、葛飾北斎をはじめとする肉筆浮世絵コレクションと俵屋宗達、尾形光琳を中心とした琳派コレクション。しかし所蔵品は寄贈者の遺言により「アメリカ国民にアジアの文化を紹介して正しい理解を促す」ことを目的に広く公衆に開放するが、外部への貸し出しを禁じ、現在も門外不出。日本人には知る人ぞ知る美術館である。
海外に流出した日本美術の収蔵館として広く知られるのは、フェノロサと岡倉天心が深く関わったボストン美術館だろう。同時代のたったひとりの寄贈者のコレクションであるところがフリーア美術館の特徴だ。本書はフリーア美術館協力、コレクションの寄贈者であるチャールズ・ラング・フリーアの初の日本での評伝である。
南北戦争後の「金ピカ時代」、空前の鉄道建設ブームに乗り巨万の富を築き、世界漫遊旅行に出て日本を訪れ、その後、日本美術の蒐集に没頭する。蒐集期間は日清・日露戦争から第一次世界大戦の間という、日本が列強の仲間入りをした頃。もちろん美を集めるには金が要る。本書の読みどころのひとつは残された記録によって、どれほどの金がどのように動いたかが生々しく記されているところである。明治に日本美術を救ったといわれるフェノロサが商売人として才覚を発揮しているところも興味深い。
日本人の蒐集家では財界人として、世界初の総合商社「旧三井物産」を設立し、日本経済新聞の前身「中外物価新報」創刊者としても知られる益田孝と、横浜・本牧の三溪園で知られる原富太郎との行き来も粋人同士の交流として目を引く。彼らの蒐集品は没後散逸したものも多い。貴重な日本美術コレクションが海の向こうでそのまま1世紀生き残った記録として、読み応えのある書だ。

内容説明

19世紀後半の米国での鉄道建設ブームで富を築いたフリーアが、日本では明治から大正にかけ、買い集めた絵画、彫像、器…アジア、中近東、欧米での蒐集品も含めると生涯のコレクションは1万5千点余にのぼる。これらが永久に損なわれないようにと、彼は美術館建設資金とともに国家に寄贈した。フェノロサ、益田孝や原三溪ら日本の数寄者たちとの交流も交え、米国初の国立美術館に現存する世界屈指の日本美術コレクションのなりたちに迫る。

目次

序章 謎の人物チャールズ・ラング・フリーア
1 美に目覚めた実業家
2 世界漫遊家が日本を行く
3 日本美術のとりこになる
4 ビングとフェノロサ
5 コレクションの寄贈
6 原富太郎との友情
7 益田孝との確執
8 中近東からエジプト、中国へ
9 フリーアの晩年
終章 死と再生

著者等紹介

中野明[ナカノアキラ]
ノンフィクション作家。1962年滋賀県生まれ。立命館大学文学部哲学科卒。情報通信、経済経営、歴史文化の三分野で執筆を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

27
面白くて毎晩少しずつ読んだ。あの俵屋宗達が明治中期ごろは一時期忘れられた存在だったとは驚きで、本書の主役、フリーア(1854~1919)という鉄道事業で財を成した米国人が日本美術の蒐集に精力的に集め揃えてくれなければ(そのための美術館まで建てた!)宗達の日本での再評価は随分と遅れたかもしれないと知った(尾形光琳と間違われていたらしい)。維新による旧支配階級の没落や廃仏毀釈による寺院の苦境など本書ではあまり触れられておらず、そのせいで日本美術の優れた品々が海を渡り、おかげで戦火を免れた面もあっただろうが、⇒2022/03/07

みみりん

5
図書館の新刊コーナーで出会った。ワシントンにあるフリーア美術館を本書で初めて知った。個人で莫大な富を得て美術品を収集し死後美術館に寄付したり美術館を作る人がどのような経緯で美術品と出会い、コレクションを増やしていくのかがよくわかった。フリーア美術館は貸出をしないので多くの日本人の作品でもワシントンに行かないと鑑賞できない。庶民には想像もできない話だがこういう情熱を持つ人がいるので文化財は守られるのでしょう。2021/07/16

呑司 ゛クリケット“苅岡

2
デトロイトの実業家が1923年ワシントン D.C.に日本美術の美術館を開いた。チャールズ ラング フーリアの名を取ったフーリア美術館だ。スミソニアン博物館の近所に日本美術の美術館が在ることを知らずに読んだ。収集家は男性に多く、何を集めるか?そして何故集めるか?は興味深く、新たな出会いがある。この本を読み、日本での彼の足跡を探すのも良し、美術館に行くことも良し。沿革を知っての訪問は格別な印象を与えてくれるはず。早く旅に出たいと思った。2021/08/30

takao

1
ふむ2021/12/01

Go Extreme

1
謎の人物チャールズ・ラング・フリーア 美に目覚めた実業家:ホイッスラーとの出会い 世界漫遊家が日本を行く:奈良・伊勢・名古屋の旅 人力車が日本海沿岸を行く 日本美術のとりこになる:ニューヨークの山中商会 仏画と琳派に手を染める ビングとフェノロサ:パリの美術商サミュエル・ビング フェノロサとの交わり  コレクションの寄贈:コレクションを国家に寄贈 原富太郎との友情:フリーアが見た奈良の仏教美術 益田孝との確執 中近東からエジプト、中国へ:フェノロサの急逝 中国美術の蒐集 フリーアの晩年:社会貢献 死と再生2021/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17932830

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。