科学技術文明再生論―社会との共進化関係を取り戻せ

個数:
  • ポイントキャンペーン

科学技術文明再生論―社会との共進化関係を取り戻せ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 01時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532165796
  • NDC分類 504

内容説明

未来に希望を託せるか?「技術立国」の基盤を築き直す!科学技術の最前線の課題を熟知した研究者による警告の書。

目次

第1章 地球が悲鳴を上げている―地球規模で表面化する限界(地球は何人まで養えるのか;中国の台頭が引き金になるか ほか)
第2章 生活面・産業面での限界の予兆(豊かさに倦み始めた日本社会―生活で見た限界の予兆;産業に見る限界の兆候)
第3章 科学技術への不信、不安(科学技術への漠然とした不安;最近も続出する事故や不正 ほか)
第4章 変化する科学技術と社会の関係(科学技術は日本の発明;行動する社会 ほか)
第5章 科学技術文明再生のために(市民は今のままでいいのか;安全・安心社会は実現できるのか ほか)

著者紹介

鳥井弘之[トリイヒロユキ]
東京工業大学原子炉工学研究所教授。1942年生まれ。東京大学工学部卒業。同大学院修士課程修了。日本経済新聞社入社。科学技術部、産業部記者、論説委員などを経て、2002年より現職。原子力委員会専門委員、産業技術審議会委員、学術審議会委員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

相次ぐ事故とスキャンダルに直面する科学技術。果たして真に社会に貢献できているのか? 社会と科学技術が共に進化できる共進化関係の再生に必要な発想を、最新の事実と歴史的視点を交えて解明する本格的科学論。