作家が死ぬと時代が変わる―戦後日本と雑誌ジャーナリズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

作家が死ぬと時代が変わる―戦後日本と雑誌ジャーナリズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 17時47分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 294,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532165611
  • NDC分類 910.26

内容説明

言論史の現場を語り尽くす。「中央公論」「東京人」の名編集者が見た現代史。

目次

1 昭和二十年八月十五日
2 雑誌ジャーナリズムと戦後民主主義
3 成熟と崩壊の同時進行
4 なぜ日本では論争がなりたたないのか
5 ジャーナリズムは「主体的浮動層」
6 編集とは何か

著者紹介

粕谷一希[カスヤカズキ]
1930年東京生まれ。東京大学法学部卒後、55年中央公論社入社。67年より「中央公論」編集長を勤め「歴史と人物」「経営問題」編集長も歴任。78年同社退社後、評論活動を開始する。86年東京都文化振興会発行の季刊誌「東京人」創刊とともに編集長就任。「外交フォーラム」などの創刊も手がける。87年都市出版株式会社を設立し代表取締役社長に就任。現在、同社相談役と英・中・スペイン3カ国語の海外向け月刊誌「ジャパンジャーナル」の社長兼編集長を務めながら、評論家として執筆、講演活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)