• ポイントキャンペーン

ひととせの―東京の声と音

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164850
  • NDC分類 914.6

内容説明

老いが聴覚の聡さを蘇らせるのか、彼方から立ちのぼる四季折々の声と音。戦後の喧騒に塞がれた東京人の耳に、時空を往還し生の感覚を呼び覚ます。珠玉のエッセイ集。

目次

年は朧になり、季節ばかりが身に染みる。
年の瀬に、一日吹いていた風が宵の内に止んで、
正月の三ケ日ほどは、凧を揚げるには
子供たちが三、四人並んで行くと
大寒である。
今年は二月の一日が旧正月、
外国の小さな街の宿に泊まると、
私の年齢でも物心のつく頃にはラジオの音が
先日、夏目漱石の「虞美人草」の、映画を
三月の二日、明日は雛祭りになる。〔ほか〕

著者紹介

古井由吉[フルイヨシキチ]
1937年、東京生まれ。東京大学文学部独文科修士課程修了。1971年、「杳子」により芥川賞、1980年、『栖』により日本文学大賞、1983年『槿』により谷崎潤一郎賞、1987年、「中山坂」により川端康成文学賞、1990年、『仮往生伝試文』により読売文学賞、1997年、『白髪の唄』により毎日芸術賞を受賞