• ポイントキャンペーン

テロ・マネー―アルカイダの資金ネットワークを追って

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164812
  • NDC分類 316.4

内容説明

世界各地で多発するテロ活動の資金はどこから来ているのか?テロ組織の資金集めの実態やマネー・ロンダリングの手法を初めて明かす!史上最大のテロ攻撃で、全世界を震撼させたアルカイダ。その真の恐ろしさは、莫大な費用がかかる大規模テロを可能にする、豊富な資金力にある。ビン・ラディンは9・11のはるか以前から、世界中にテロ活動のための資金ネットワークを築き上げてきたのだ。本書は、アルカイダの資金ネットワークの実態に迫った世界初のルポルタージュである。ダイヤモンドや金を利用した巧妙なマネー・ロンダリングの手口、“ハワラ”と呼ばれるイスラム社会独自の地下金融システム、慈善団体を隠れ蓑にしたテロ資金集め、“金の鎖”と名付けられた、アルカイダへの資金提供者であるアラブ人大富豪のリストの存在…。驚くべき事実を多数盛り込み、謎に包まれてきた国際テロ組織の資金面に光を当てた衝撃作。

目次

第1章 血に染まったダイヤモンド
第2章 暗躍する死の商人
第3章 アルカイダ・コネクション
第4章 大きな利益をもたらすプロジェクト
第5章 CIAの失態
第6章 金の道
第7章 そして神のために使う
第8章 資金集めの手口
第9章 挫折続きのテロ対策

著者紹介

ファラー,ダグラス[ファラー,ダグラス][Farah,Douglas]
ワシントン・ポスト紙の海外特派員、調査報道記者として活躍した後、2000年3月、西アフリカ支局長に任命され、コートジボアール共和国のアビジャンに赴任。その後、国際テロ組織の資金ルート解明に乗り出したため身辺に危険が迫り、現地を離れなければならなかったのは本書にある通り。04年1月からは国家戦略情報センターのシニア・フェローとなり、主に情報活動についての論文を執筆している。ワシントンDC近郊に在住

竹熊誠[タケクママコト]
1944年熊本市生まれ。青山学院大学英米文学科や米アプサラ大学で学び、70年、カナダ・トロント大学を卒業(経済学専攻)。帰国後、共同通信社を経て73年、日本経済新聞社に入社。編集局外報部(現・国際部)勤務が長く、ウィーン・ワルシャワ特派員や日経国際ニュースセンター・ニューヨーク支所長などを歴任。現在はフリーの翻訳家