• ポイントキャンペーン

鉄砲を一発も撃たなかったおじいさんのニューギニア戦記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164423
  • NDC分類 916

内容説明

宣撫工作のために原住民と共に暮らした日々。密林を踏破し、大河を丸木舟で下った「大転進」。サゴ椰子澱粉で飢餓を乗り切った特殊工作班員が25年を掛けて書き上げた「私の太平洋戦争」。

目次

序章 陸軍衛生兵の日々
第1章 ニューギニアへ
第2章 特殊工作班神機関
第3章 奥地へ踏み込む
第4章 密林の大転進
第5章 大河マンベラモを下る
第6章 何よりも食糧の確保
第7章 帰国まで
終章 それから

著者紹介

深津信義[フカツノブヨシ]
1918年、東京・三河島生まれ。小学校卒業後、米屋の住み込み店員となる。39年、召集、衛生兵となる。42年、召集解除。43年、再び召集、ニューギニア派遣。46年、帰国。58年、株式会社深井商店設立、専務、会長を歴任。97年、深井商店退職。現在、日本ボーイスカウト東京連盟弥生地区協議会長、台東区社会教育団体協議会常任理事

出版社内容情報

密林を歩き回り、人跡未踏の大河を下り、ひたすら食糧確保に知恵を絞る日々――16万人が死んだニューギニア戦線で生き残った男の希有な体験を綴った戦記。ユーモアを湛えた文章は、読者に不思議な感動をもたらす。