• ポイントキャンペーン

勝利のチームメイク

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164386
  • NDC分類 780.4

内容説明

戦略・戦術、采配とコーチング、コミュニケーション、自己管理…。ここ一番に強い集団の本質。

目次

対談の前に 私が考える「勝利のチームメイク」(チームメイクとは「選手の長所を利用させてもらう」こと(岡田武史)
チームワークは勝ったチームに「結果」として表れる(平尾誠二) ほか)
1 勝ち続けるチームは「考える伝統」を築く(古田敦也VS平尾誠二)(「常勝軍団」と「万年2位」を分かつもの;連覇の条件「毎年チーム力2割アップ」 ほか)
2 「経験」こそチーム力の源泉(平尾誠二VS岡田武史)(「最悪の結果」から得た教訓;監督ほど孤独な職業はない ほか)
3 プロスポーツのチームメイク(岡田武史VS古田敦也)(プレッシャーに克つメンタルタフネス;今いる駒でどう勝つか ほか)

著者紹介

岡田武史[オカダタケシ]
横浜F・マリノス監督。1956年大阪府生まれ。高校時代にユース日本代表、早稲田大時代にユニバーシアード日本代表。80年古河電工に入社しサッカー部に所属、85年まで日本代表。ロサンゼルス五輪予選、メキシコW杯予選などに出場。90年現役引退。ドイツへのコーチ留学やジェフユナイテッド市原コーチなどを経て、94年から日本代表コーチ、97年10月から98年7月まで日本代表監督を務め、98年フランスW杯予選途中から本大会まで指揮を執る。99年J2・コンサドーレ札幌監督に就任し、2000年にJ1に昇格させた後、2001年退任。解説者を経て現職

平尾誠二[ヒラオセイジ]
神戸製鋼ラグビー部(スティーラーズ)・ゼネラルマネジャー。1963年京都市生まれ。中学時代からラグビーを始め、伏見工業高校三年時に全国高校ラグビーフットボール大会優勝。同志社大では史上初の大学選手権三連覇を達成、当時史上最年少(一九歳)で日本代表に選出される。86年神戸製鋼入社、ラグビー部を日本選手権七連覇に導く。97年日本代表監督に就任し、W杯四大会連続出場を果たす。2000年辞任。現職は(株)神戸製鋼所業務部課長。神戸でスポーツNPO「SCIX」主宰

古田敦也[フルタアツヤ]
ヤクルトスワローズ捕手。1965年兵庫県生まれ。川西明峰高校、立命館大学卒業後、トヨタ自動車へ。トヨタ自動車時代にソウル五輪に出場し、銀メダルを獲得。90年ドラフト二位でヤクルト入団。一年目から正捕手の座につく。91年首位打者、93年、97年MVP。ベストナイン八回、ゴールデングラブ賞九回、一三年通算一六九〇安打、通算打率二割九分六厘。球界きっての頭脳派捕手として、また高い盗塁阻止率を誇る屈指の強肩捕手として知られる。98年から日本プロ野球選手会会長を務める

出版社内容情報

共に日本代表監督経験を持つラグビー界の知性とJリーグ現役監督、球界随一の頭脳派捕手が「勝てるチームの条件」を巡って持論を闘わせるリレー対談。読後、勝ち慣れた者だけが持つ“ここ一番”の強さの秘密が浮かび上がる。