• ポイントキャンペーン

遙かなるホテルへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164355
  • NDC分類 689.8

内容説明

怪しげな御者、話好きの総支配人、抜け目のないコンシェルジュ、謎のゲスト…。建築にこだわって世界を旅する著者がホテルと人とのふれあいを綴る好エッセイ。

目次

会いたかった人―ホテル王の宮殿ホテル(バルセロナ)
山羊の顔をした魚―シェフがオーナーのオーベルジュ(レマン湖畔)
魔法のおまじない―カンボジア・コロニアル・リゾートホテル(シェムレアプ)
クマとアヒルの物語―大御所建築家デザインホテル(シンガポール)
バトラーに会いたい―バトラー・サービス付超高級バンガロー(ハワイ島)
夜明けの侵入者―17世紀末宰相の元バロック様式邸宅(ウィーン)
ピーター船長の隠し味―19世紀末リゾートホテル(マデイラ島)
ポケットの中の気持ち―モロッコの元ハレム(フェズ)
黒い夜―デザインホテル・チェーン(ホノルル)
お城に住む人びと―プライベート・シャトー(ブルターニュ地方)〔ほか〕

著者紹介

稲葉なおと[イナバナオト]
1959年生まれ。東京工業大学建築学科卒。一級建築士。1995年、マリオット・インターナショナル・ゴールデンサークル・アワード受賞。2001年、長編旅行記『遠い宮殿―幻のホテルへ』(新潮社)でJTB紀行文学大賞奨励賞受賞

出版社内容情報

観光ではなく「このホテルに泊まる」ことを目的に世界を旅する著者が、ホテルライフを楽しみながらそこで出会った人々との心温まる出来事を綴る珠玉のエッセイ集第2弾。自らが撮影したカラー写真も多数掲載。