• ポイントキャンペーン

カウフマン、生命と宇宙を語る―複雑系からみた進化の仕組み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 461p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532164256
  • NDC分類 461

内容説明

われわれの予想をはるかに超えて、次々に新しい生命体を生み出す宇宙や生物圏。その創造の秘密はどこにあるのだろうか?自己の利益のために世界を操作する「自律体」は、どのように発生したのか?自然界に存在する、美しく緻密な組織化の起源は―?生命の神秘と、めくるめく進化のプロセスの核心に迫るべく始まったカウフマン博士の探究は、やがて物理学をはじめとした自然科学の前提そのものを問い直し、生命科学、宇宙論、果ては経済学にも新たな洞察を与える、驚くべき結論を導き出していく。複雑系科学のメッカであるサンタフェ研究所の中心メンバーとして活躍し、「21世紀を代表する知の巨人」と呼ばれる著者が、現代科学のフロンティアから放つ壮大なる知的冒険の書。

目次

第1章 一般生物学への序論
第2章 生命の起源
第3章 自律体
第4章 増殖する組織体
第5章 意味論と物理学
第6章 創発と物語―ニュートン、アインシュタイン、ボーアを超えて
第7章 非エルゴード的宇宙―新しい法則の可能性
第8章 生物圏の共構築を支配する法則の候補
第9章 常に革新する経済圏
第10章 共構築する宇宙

著者紹介

カウフマン,スチュアート[カウフマン,スチュアート][Kauffman,Stuart A.]
サンタフェ研究所客員教授。バイオス・グループ会長。理論生物学を複雑系科学から研究する第一人者として知られる。1960年よりオックスフォード大学で哲学や心理学を学ぶ。1968年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校で医学博士号を取得。1969年にシカゴ大学理論生物学教室、1981年にペンシルベニア大学医学部生化学・生物物理教室の教授を経て、1986年にサンタフェ研究所教授となり、1998年より客員教授。1996年には経済システムをも含めた複雑系科学の研究機関バイオス・グループを創立し、現在、会長をつとめる。2000年からNASAのPlanetary Protection Advisory Committeeのメンバーとしても活躍。前作『自己組織化と進化の論理』では、生命進化の問題を、混沌から秩序が自発的に生まれたとする「自己組織化の原理」をもって解明し、この探究はカウフマンの研究の一貫したテーマとなっている

河野至恩[コウノシオン]
翻訳家。1972年静岡県生まれ。米国ボードイン大学卒(物理学、宗教学専攻)。現在はプリンストン大学大学院比較文学部博士課程にて近代日本文学・英文学を研究中

出版社内容情報

複雑系の科学は、生態系はもちろん、技術・経済・社会・宇宙のすべてを解き明かす段階に到達した──複雑系研究の最先端に立つカウフマン教授が、アインシュタインすらなし得なかった統一理論に挑んだ画期的大作!