経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ

経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532131760
  • NDC分類 331.19
  • Cコード C3033

出版社内容情報

なぜ貧しい国と豊かな国が生まれるのか? なぜ経済成長率は変化するのか? その答えは、技術革新にある!本書は、現代経済学の最先端である新しい経済成長理論を簡潔に説明する、やさしい語り口のテキスト。

内容説明

何が成長を左右するのか?貧富の格差はなぜ拡大する?高度成長のエンジンは何か?技術革新、知的所有権、経済制度など様々な視点から、経済成長のメカニズムを、わかりやすく解明する最先端のテキスト登場。

目次

第1章 序論:経済成長についての事実
第2章 ソロー・モデル
第3章 新古典派成長モデルの経験的応用
第4章 アイデアの経済学
第5章 成長のエンジン
第6章 成長と開発の単純なモデル
第7章 インフラストラクチャーと経済の長期的パフォーマンス
第8章 他の経済成長理論
第9章 経済成長を理解する