「調子いい!」がずーっと続くカラダの使い方帖―脳を変えればつらいが消えるアレクサンダー・テクニーク

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

「調子いい!」がずーっと続くカラダの使い方帖―脳を変えればつらいが消えるアレクサンダー・テクニーク

  • 提携先に24冊在庫がございます。(2024年06月17日 22時22分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784528024182
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C2077

出版社内容情報

脳に間違ってインプットされてしまった骨と筋肉の役割を、正しいものに書き換えるだけ。

海外では大学などのカリキュラムにも入っており、ミュージシャンやダンサーなどにとっては必要不可
欠な知識、アレクサンダー・テクニークのメソッドを、女性の体と心の不調に応用します。
運動も、がんばることもいっさいナシで、魔法のように「つらい」がなくなります。

内容説明

運動なし!年齢は関係なし!がんばることはなし!えっ?そんなに簡単な理屈だったの?ペットボトルのふたもラクラク開けられるようになる!

目次

1 脳にインプットされた勘違いを正す(カラダを動かしているのは何か;脳と筋肉が神経回路を通してやりとりしている;つまり、カラダへの圧迫・圧縮の原因は;支えるための骨・動くための筋肉;書き換えレッスン ほか)
2 カラダと心の不調解決実践編(「中心線の4つの骨」で解決できることが多い;自分の中心を探そう;目的ダッシュの真相;本当にやりたいことに向かっていくには;痛みの結果と原因は別の場所 ほか)

著者等紹介

木野村朱美[キノムラアケミ]
1999年日本初アレクサンダー教師養成学校KAPPA2期生として4年間にわたるトレーニングを終了し、アレクサンダー教師としての活動をスタート。美術、茶道、太極拳、弓道、その他の学びから得た理解を取り入れながら個人レッスン、グループレッスンを展開。アレクサンダー・テクニークの国際的資格認定団体の一つATIの認定審査を行う教師に(世界43名の内の一人※2024年1月現在)。2010年アレクサンダー・テクニーク教師養成コース開講。この知識と技術を「わかりやすく、使いやすく、伝えやすく」と2019年身体認識感覚ラボを発足し、「身体認識感覚離論」の有資格者の育成もスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シュウヘイ

0
イラスト入りでわかりやすいが内容は結構難しい 体の動かし方を詳しく解説2024/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21740585
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。