B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ<br> トコトンやさしいIoTの本

個数:

B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいIoTの本

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月28日 10時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784526078743
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3034

出版社内容情報

IoTがいかなる社会を創り出すかを紹介し、IoTを形成する先端技術の基礎をやさしく解説する。IoTがいかなる社会を創り出すかを紹介し、IoTを形成する先端技術の基礎をやさしく解説する。

山? 弘郎[ヤマザキ ヒロオ]
著・文・その他

内容説明

身の周りのあらゆるモノがネットにつながるIoT(モノのインターネット)。社会を便利にし、さまざまなビジネスを生み出すことでも注目されています。本書では、そのIoTについて、技術から活用までやさしく解説するとともに、スケジュール駆動からイベント駆動の社会へのパラダイムシフトの中で、IoTが果たす大きな役割を紹介します。

目次

第1章 IoTでは何がどう変わるのか
第2章 IoTネットワークでの役割分担とは
第3章 ビッグデータ処理をどうIoTに活用する
第4章 IoT技術の主役はインテリジェント・センサ
第5章 広域ネットワークの情報技術で重要なこと
第6章 IoTを推進する革新的技術
第7章 IoTでつながるビジネスの実例
第8章 IoT社会の課題

著者等紹介

山〓弘郎[ヤマサキヒロオ]
1932年、東京生まれ。東京大学工学部応用物理学科卒。横河電機(株)入社、工業計測用センサの研究開発に従事。1975年東京大学教授就任、計測工学、センサ工学、信号処理の研究と教育に従事。1993年定年退官、同年横河電機(株)常務取締役、1995年(株)横河総合研究所取締役会長を歴任。東京大学名誉教授、工学博士。1989年度計測自動制御学会会長、1996年科学技術庁長官賞、1997年紫綬褒章。1997年~インドネシア国立バンドン工科大学テクニカルアドバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

9
図書館にて。2018年刊行。著者は東大工学部のセンサ工学のえらい人(計測自動制御学会会長)。それ故に、IoTをセンサから眺めて、スケジュールドリブンからイベントドリブンへ、という標語を提示している。『センサの本』に比べると、化学量センサの扱いが軽く、センシング機能の知能化(計量から認識へ)についてもAIに吸い上げられて問われなくなった。2018/12/02

貧家ピー

5
決まったスケジュールに合わせて起きる事象を「スケジュール駆動の事象」 個人の意思や需要が同期になる場合は「イベント駆動の事象」 センサーとインターネットによる駆動を特徴とするIoT社会が、イベント駆動社会との考え方が重要。2019/07/03

ノビー

4
Society 5.0の世界はIoTの技術で支えられるのだろうな。そんな便利な世界を体験したい。あと何年長生きしたらいいのかな。2019/08/05

タナカ電子出版

4
スケジュール駆動社会から イベント駆動社会が 人のライフスタイルを変える! 2018/10/08

Junichi Wada

3
iot概念や周辺設備への波及効果などは分かりやすかったが、で、iotは?といった感じ2019/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13057112

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。