Q&A 改正担保・執行法の徹底解説―新規則を織り込んだ最新版

個数:

Q&A 改正担保・執行法の徹底解説―新規則を織り込んだ最新版

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502920608
  • NDC分類 324.3
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、平成15年7月25日に成立し、同年8月1日に公布され、平成16年4月1日から施行される改正担保・執行法につき、Q&A方式で分かり易くかつ専門家が徹底的に解説した本である。本書では、今回の改正についてのポイントを最初に分かり易く示すとともに、その後の解説でかなり突っ込んだ検討を試みた。

目次

第1章 改正の趣旨とそのポイント(今回の改正が必要とされた理由と社会的背景;今回の改正の主要ポイント)
第2章 担保法制に関する改正(雇人給料の先取特権;指名債権の債権質;抵当権)
第3章 執行法制に関する改正(占有屋等による不動産執行妨害への対策;強制執行の実効性の確保;その他)
第4章 改正後の展望(今回の改正の意義と評価;さらに検討が続けられている立法課題)

著者紹介

小林秀之[コバヤシヒデユキ]
1952年石川県生まれ。1974年東京大学法学部卒業。現在、上智大学法科大学院教授。専攻は民事訴訟法・国際民事訴訟法・製造物責任法