• ポイントキャンペーン

税理士のための税効果会計と法人税 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 344p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502920202
  • NDC分類 336.98
  • Cコード C3034

内容説明

本書は、税理士に代表される税務の専門家を対象に、税効果会計の会計処理とそれを適用した場合の申告書記載の方法を詳説している。適用のあたっての重要な注意事項である「繰延税金資産の回収可能性の判断」や「中間財務諸表での処理方法」については独立の章を設け、また全編にわたり豊富な記載例を用いた解説を展開するなど実務家必携の書としてふさわしい内容となっている。第2版では、企業組織再編税制、連結納税制度、外形標準課税などへの対応を中心に、全面的に見直しを行っている。

目次

第1章 法人税等の会計処理方法
第2章 税効果会計の変遷とその必要性
第3章 税効果会計の基本事項
第4章 税効果会計の実務
第5章 繰延税金資産の回収可能性の判断
第6章 連結納税の適用によって生じる税効果会計の問題
第7章 財務諸表での税効果会計の開示方法
第8章 中間財務諸表における税効果会計
第9章 税効果会計の適用により派生する法人税の諸問題

著者等紹介

森田政夫[モリタマサオ]
昭和30年京都大学経済学部卒業。昭和30年公認会計士第2次試験合格。昭和31年税理士試験合格。昭和33年公認会計士第3次試験合格。昭和34年森田公認会計士事務所開設。昭和42年~49年立命館大学講師。昭和49年~平成14年監査法人誠和会計事務所代表社員。昭和52、54、60、62年、平成元年、3,5,7,9,11年京都大学経済学部講師。平成8~14年同志社大学大学院講師。平成12年~14年関西大学大学院講師。昭和56年~58年公認会計士第3次試験試験委員。昭和60年~62年税理士試験試験委員。平成5年秋黄綬褒章受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。