自治体のゴミ管理―ベンチマーキングで変える!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502664403
  • NDC分類 518.52
  • Cコード C3034

内容説明

民間企業で経営効率改善手法として広く採用されているベンチマーキング。このベンチマーキングを自治体のごみ管理に活用する方法を具体的な手順をおってわかりやすく解説。

目次

第1章 ベンチマーキングって何?(循環型社会づくりに向けてベンチマーキングが始まった!;ベンチマーキングってどういうもの? ほか)
第2章 ベンチマーキングの方法(ベンチマーキングは方法もいろいろ;ベンチマーキングの手順は?:ドイツのINFAの場合 ほか)
第3章 自治体ごみ管理のベンチマーキングの実際(ベンチマーキングの手順:本書の提案;手順(1)ベンチマーキングをやってみよう:環境省実態調査による比較 ほか)
第4章 ベンチマーキングQ&A(どのような業務が対象か?;簡単なマニュアルや導入のコンサルティング組織等はないか? ほか)
第5章 ベンチマーキングの課題と展望(ドイツにおけるベンチマーキング普及の背景;ごみ処理事業における「自由化」の限界とベンチマーキングによる評価の位置づけ ほか)

著者等紹介

山川肇[ヤマカワハジメ]
京都府立大学大学院生命環境科学研究科准教授。1967年生まれ。91年京都大学理学部卒。京都大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学、京都府立大学助手、同講師を経て、現在に至る。京都大学博士(工学)。廃棄物会計基準・ごみ有料化ガイドライン検討委員会委員

植田和弘[ウエタカズヒロ]
京都大学大学院経済学研究科・地球環境学堂教授。1952年生まれ。75年京都大学工学部卒。大阪大学大学院工学研究科博士課程修了、京都大学経済研究所助手、同経済学部助教授を経て、現在に至る。工学博士(大阪大学)、経済学博士(京都大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。