グローバル内部通報制度の実務

個数:

グローバル内部通報制度の実務

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月14日 20時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502427411
  • NDC分類 335.15
  • Cコード C3034

内容説明

現在、日本の大手企業の多くが内部通報制度を整備していますが、海外拠点の役職員が日本本社に直接通報できる窓口を設置している企業はいまだ少数です。海外子会社の管理は目が届きにくく、現地経営陣による横領や不正会計などの不正の温床となるだけでなく、アジア地域等においては贈収賄問題などの特有のリスクがあります。不正の過半数は内部通報制度を通じて発覚すると言われており、海外拠点の不正に関する通報を日本本社で受け付ける体制を持っていないことは企業にとって大きなリスクといえます。本書では、グローバル内部通報制度を導入・運営するための現実的な施策を解説しています。具体的な導入方法からGDPRや主要8か国(米国、中国、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、タイ、オーストラリア)の現地法規制の留意点、日本の個人情報保護法との関係、海外拠点での不正調査・対応まで解説しています。巻末にグローバル内部通報規程のひな型も付しています。

目次

第1章 グローバル内部通報制度の概要と設計
第2章 日本の公益通報者保護法の「指針」への対応
第3章 日本の個人情報保護法
第4章 EU公益通報者保護指令―日本法との比較
第5章 海外各国における法令遵守
第6章 海外拠点での不正と対応方法