電子情報開示のフロンティア

個数:
  • ポイントキャンペーン

電子情報開示のフロンティア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 19時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502275807
  • NDC分類 336.17

内容説明

電子メディアを利用した情報開示(電子情報開示)について、理論・制度・実践の3つの側面から、その現状と課題を総合的に解明するとともに、その将来を展望。

目次

会計ディスクロージャーの新機軸
e‐ディスクロージャーとネットワーク倫理
電子開示制度の発展過程
EDINETの現状と課題
電子開示制度の制度的課題
電子情報開示とインターネットIR戦略モデル
電子情報開示とコーポレート・ガバナンス
XBRLと会計ディスクロージャー
XBRLの現状と課題
Webサイトの技術的課題
IT監査の理論展開
情報セキュリティ対策の信頼性保証
IT監査(検証)の実践的課題

著者紹介

河崎照行[カワサキテルユキ]
1950年山口県に生まれる。1979年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。1992年~1993年米国テキサス大学客員研究員。2004年~2006年甲南大学副学長。現在、甲南大学大学院教授。甲南大学会計大学院院長。経営学博士(神戸大学)。税理士試験委員を歴任し、公認会計士試験委員。日本会計研究学会理事、税務会計研究学会理事、日本IR学会理事、日本簿記学会監事。経済産業省中小企業政策審議会臨時委員、XBRL Japan特別会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)