世界の金融危機とバブルの分析―発生のしくみと政策の検証

個数:

世界の金融危機とバブルの分析―発生のしくみと政策の検証

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月20日 20時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502194917
  • NDC分類 338.9
  • Cコード C3033

出版社内容情報



宮川 重義[ミヤガワ シゲヨシ]

内容説明

金融危機はなぜ繰り返されるのか?大恐慌、北欧、アメリカ、アジア、日本の金融危機、バブル期の日本銀行の対応や量的金融緩和政策等の金融政策を分析。

目次

第1章 大恐慌とその原因
第2章 M.フリードマンの大恐慌論
第3章 北欧の金融危機
第4章 サブプライム金融危機
第5章 アジア金融危機―タイを中心として
第6章 日本のバブルとバスト
第7章 バブルと国際政治―日銀を追い込んだ政治的背景
第8章 金融危機と貨幣需要
第9章 ゼロ金利制約下での金融政策
第10章 フィッシャー効果について

著者等紹介

宮川重義[ミヤガワシゲヨシ]
1947年12月生まれ。1976年3月同志社大学大学院経済学研究科博士課程修了、現在は京都学園大学特別教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。