企業不正支出とコーポレート・ガバナンス

個数:

企業不正支出とコーポレート・ガバナンス

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502189005
  • NDC分類 336.97
  • Cコード C3034

内容説明

本書では、これまで法学者や弁護士など法律の専門家が中心となって議論・考察されてきた「コーポレート・ガバナンス」の問題を、会計学・会計理論の視座から考察している。とくに今日の社会問題となっている、賄賂・利益供与・損失補填・使途秘匿金などの不正支出に対し、ガバナンス論の枠組みを遵守しつつ、会計理論的に考察がすすめられている。

目次

わが国のコーポレート・ガバナンスと企業不正支出
第1部 企業不正に対するコーポレート・ガバナンスと内部統制(企業不正とコーポレート・ガバナンス;企業不正と内部統制組織―内部統制の不備に対する責任の所在)
第2部 企業不正支出の会計理論(会計理論に基づく不正支出の考察―不正支出の「費用性」の検証;法人税法に基づく使徒秘匿金の考察―不正支出の「損金性」の検証;不正支出の「仮払金」的性質に対する考察―「仮払計上説」の妥当性についての検証)
第3部 企業不正支出の法的責任(不正支出に対する取締役の法的責任;不正支出に対する監査役の法的責任;「期待ギャップ」と公認会計士責任)