図解と計算式と事例で読み解く 攻めと守りの競争価格戦略

個数:
  • ポイントキャンペーン

図解と計算式と事例で読み解く 攻めと守りの競争価格戦略

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月24日 20時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784502188411
  • NDC分類 675
  • Cコード C3034

内容説明

消費者の商品に対する低価格志向は根強いものがあるが、商品を購入する動機は「お得感」であり、価格が高い商品でも価値が伝われば購買に結びつく。利幅の高い商品を売って利益を伸ばしている企業は、この「お得感」の演出が上手い。本書は、攻めと守りのバランスを重視した価格競争戦略を、簡単な図表と計算式、具体例を用いてわかりやすく解説する。

目次

第1章 攻めと守りの経営戦略
第2章 マーケティングと価格戦略
第3章 商品の価値観と損得意識の高い消費者
第4章 原価の見積り方と競争価格の決め方
第5章 原価の上昇による値上げ率の決め方とその必要性
第6章 高価格戦略か市場浸透価格戦略で攻めるか
第7章 攻めのための低価格戦略で市場占有率アップを
第8章 錯覚しやすい値下げの限界点と操業度の関係
第9章 値下げと値上げの利益感度分析
第10章 ライバルに圧勝する差別化力と強化策
第11章 製品ライフ・サイクルの段階別価格戦略

著者紹介

窪田千貫[クボタチツラ]
マネジメント実務センター所長。法政大学卒業後、大学研究機関で研修を重ねる。西陣企画室長など数社の実務経験を経て、経営コンサルタントとして独立。以来、およそ40年にわたり中小・大規模企業の原価分析、賃金支払能力分析、予算管理、要員計画、利益計画、部門別業績責任制の導入など、第一線での経営指導やセミナー講師として精力的に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)