FinTech2.0―金融とITの関係がビジネスを変える

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

FinTech2.0―金融とITの関係がビジネスを変える

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時11分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 163p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502188213
  • NDC分類 338
  • Cコード C3034

出版社内容情報

なぜ話題なのか、そもそも何なのか。FinTechの経緯から対応、今後の動向までがわかる。

内容説明

破壊か?変革か?FinTech2.0が日本にやってきた!!モバイルプラットフォーム、ロボアドバイザー、仮想通貨、ブロックチェーン、クラウドファンディング、デジタルトランスフォーメーション…etc.そもそもFinTechってなんだ?

目次

第1章 FinTechって何?
第2章 アメリカのベンチャービジネスとFinTech2.0
第3章 FinTechを支えるテクノロジー
第4章 FinTechが生まれたアメリカ金融業界
第5章 ロボアドバイザー
第6章 仮想通貨とブロックチェーン
第7章 クラウドファンディング
第8章 FinTechのこれから

著者等紹介

楠真[クスノキシン]
野村総合研究所(NRI)理事。1983年東工大・工卒、野村総合研究所入社。旧鎌倉研究本部でIT企業などへのコンサルテーションに従事した後、システム商品事業部を皮切りにシステム開発を担当。2003年に企画担当執行役員となり、その後、金融ITイノベーションセンター長、金融フロンティア事業本部、資産運用サービス事業本部、金融・資産運用ソリューション事業本部、IT基盤インテグレーション事業本部の本部長、システム基盤事業担当を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

83
こちらの本のほうが、コンサルタント的な業務をしている人が書いているので非常にわかりやすく感じました。Fin Techが生まれた背景やテクノロジーあるいはアメリカの金融業界との違いなどを前提にして、仮想通貨やブロックチェーンやクラウドファンディングなどを論じています。若干頭の整理がついてきた気がします。2016/04/29

mitsu44

9
アメリカから興ったFintechの流れをサラッと読むには悪くない一冊。2017/09/04

nori

7
Cheap catalog of FinTech filtered by notorious 野村. Moreover, there is no clear explanation of 2.0 If you expect for 2.0 which is more than block chain, you should feel cheated. I realized that at this stage in Japan, FinTech was still just a curious word.2016/07/14

m!wa

5
日本じゃ、新しいもんは、栄えないよねー。Netflixとか、TSUTAYAを潰すんだろーな。けど、ヨドバシは、奮闘してるよね。Uberはどうなるか、楽しみ。ロボアドバイザーは、もっとがんばれ。2018/12/27

DualBlueMoon

5
話題としては興味深い内容で、話として理解はできます。 電車で紙の新聞も本も開いているのを最近は見かけないとありますが、まだまだ紙媒体は健在です。 かなりのお偉いさんでしょうから普段は電車通勤などされないので無理もないのでしょうが、想像で書かれないほうがよいと思います。 銀行での手続きについても犯罪防止のため、安全に取引するために必要な対応を現場ではしていらっしゃいます。 雲の上の世界の方でしょうから下々の現場はあまりご存じなくお金にも不自由していないのでしょう。 2016/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10786352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。