租税の経済分析―望ましい税制をめざして

個数:

租税の経済分析―望ましい税制をめざして

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 237p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502187513
  • NDC分類 345.1

内容説明

適切な租税負担、効率的な課税方法とはどのようなものなのか。経済学・財政学の手法で考える。

目次

第1部 所得税(控除制度の意義と改革;所得再分配効果と所得税制;給付つき税額控除の設計;金融所得課税一体化の意義と課題;所得補捉率格差の実証分析)
第2部 法人税(法人企業所得に関する平均実効税率の計測;法人企業所得課税と企業設備投資;企業再編と連結納税制度;海外直接投資と法人税制)
第3部 消費税(消費税の逆進性と複数税率化;益税・損税の推計とその要因;消費税の価格転嫁に関する実証分析;国際間のサービス取引と消費課税)
第4部 相続税・贈与税(相続税の課税方式と資産再分配効果;贈与税制の変遷と住宅投資・住宅建設促進効果)

著者紹介

森徹[モリトオル]
名古屋市立大学大学院経済学研究科教授。1953年生まれ。福島大学経済学部助教授、帝塚山大学経済学部助教授、教授を経て、1997年より現職。博士(経済学)。専門分野は、財政学、地方財政論

森田雄一[モリタユウイチ]
名古屋市立大学大学院経済学研究科准教授。1968年生まれ。大阪大学経済学部助手、名古屋市立大学経済学部講師、助教授を経て、2002年より現職。修士(経済学)。専門分野は、財政学、マクロ経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

租税制度に係わる問題に対し、経済学・財政学の観点による様々な分析手法を紹介・解説する。