地域再生のための経営と会計―産業クラスターの可能性

個数:
  • ポイントキャンペーン

地域再生のための経営と会計―産業クラスターの可能性

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年12月12日 00時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 194p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502095702
  • NDC分類 601.1
  • Cコード C3034

内容説明

産業クラスターは地域再生の救世主となりうるのか?青森・りんご産業クラスター、熊本・米粉開発プロジェクト、大分・特産品クラスター等の事例を交え成功の可能性を探る。

目次

地域の再生に向けて―産業クラスターの概念と意義
第1章 産業クラスターの意義と課題(地域経営の方法としての産業クラスター;産業クラスターにおける戦略の共有とモニタリング―バランス・スコアカード・戦略マップの活用;地域サプライチェーンとしての産業クラスターのマネジメント―サプライチェーン・マネジメントの適用)
第2章 食料産業クラスターの事業化の実態とその可能性(食料産業クラスター事業の展開;食料産業クラスターにおける商品開発プロジェクト―熊本県のケース;特産品づくりとそのクラスター化―大分県のケース;行政主導のまちおこし―青森県板柳町のケース;食料産業クラスターの事業化の意義と課題)
第3章 地域資源の活用と食料産業クラスター形成の課題―青森県の事例(青森県のポテンシャル;青森県における食料産業クラスターの政策と事業の変遷;産業クラスターにおける組織・人・資源の連携;行政による総合販売戦略の展開;地域内連携による農業の六次産業化;クラスター形成の成否を握る参加者の意識の変遷;青森県におけるクラスター形成の意義と課題)
産業クラスターによる地域再生の可能性

著者等紹介

高橋賢[タカハシマサル]
横浜国立大学大学院教授。博士(商学、一橋大学)。1968年生。長崎県諌早市出身。1991年一橋大学商学部卒業。1996年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得退学。千葉大学法経学部講師。1998年同助教授。2000年横浜国立大学経営学部助教授。2004年ポワチエ大学外国人招聘助教授。2005年日本簿記学会学会賞受賞(泉宏之氏、原俊雄氏と共同受賞)。2011年横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授。現在、会計検査院特別研究官、日本原価計算研究学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

産業クラスターは地域再生の救世主となりうるか、成功のために何が必要かを事例を交えて検証。