イノベーションで創る持続可能社会

個数:
  • ポイントキャンペーン

イノベーションで創る持続可能社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 00時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502081705
  • NDC分類 336.1

内容説明

経済的かつ社会的な発展を持続させるためには、企業を中心とした活動主体の絶え間ないイノベーションが必要である。本書は、そのようなサステナビリティをどのようなイノベーションでもって獲得するのか、つまり、イノベーティブサステナビリティはどのようにすれば達成できるかを様々な視点で解明する。

目次

イノベーティブサステナビリティとは
第1部 イノベーティブな企業組織の要件(イノベーティブサステナビリティのための重要成功要因;仲介者を用いた企業間の共同開発の促進 ほか)
第2部 市場拡大へのグローバル戦略(企業の国際立地戦略;日本企業のボリュームゾーンイノベーション ほか)
第3部 イノベーティブサステナビリティを牽引する仕組み・外部支援(銀行の役割としての協同と連合化;中小企業のイノベーションを支援する自治体の行財政構造―大阪市を事例として ほか)
第4部 先進的サステナビリティの確保―先進国が先進的であるために(社会的責任と業績評価―経済的価値と社会的価値のバランス;社会的企業と障害者雇用 ほか)

著者紹介

太田雅晴[オオタマサハル]
大阪市立大学大学院経営学研究科(グローバルビジネス専攻・教授)。1954年生まれ。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学大学院工学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(工学)。京都大学工学部助手、富山大学経済学部経営学科助教授、大阪市立大学商学部助教授、同教授を経て、現職。その間に、米国ケースウエスタンリザーブ大学および豪州メルボルン大学客員研究員。専門:オペレーションズマネジメント、イノベーションマネジメント、経営情報(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)