戦略を実現し、業績を高める業績評価システムの導入・運用のしかた―変化を先取りする「リマネジメント」とは

個数:
  • ポイントキャンペーン

戦略を実現し、業績を高める業績評価システムの導入・運用のしかた―変化を先取りする「リマネジメント」とは

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 07時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 217p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502080807
  • NDC分類 336.43

内容説明

業績評価制度が業績の足を引っぱっていませんか?マネジメントを思想から見直し本当の組織行動を実現する。

目次

序章 業績評価制度の意義と成功のための重要ポイント
第1章 マネジメントを監視だと思っていませんか!
第2章 予算達成度評価だけではモチベーションが下がります
第3章 中央集権・トップダウンだけでは環境変化に対応できません
第4章 部門別業績管理成功のカギは科学性・客観性ではありません
第5章 無理のない成果配分原資はこう決める
第6章 やる気の本質をわかってないから業績評価がうまく回らない
第7章 人事考課と業績評価は別なのか
第8章 報酬を活用する―いい加減な原資配分の仕方が業績評価をダメにする

著者紹介

櫻井道裕[サクライミチヒロ]
株式会社ハーブ・ビジネスアシスト代表取締役。櫻みち経営塾主宰。1959年大阪府生まれ。大阪府立高津高等学校、大阪市立大学卒業後、1981年から海運会社に勤務。1990年中小企業診断士取得後、住友ビジネスコンサルテイング、日本総合研究所を経て、1997年に独立。専門は、管理会計・業績評価・経営計画・業務改革など。SMBCビジネスセミナー、大阪府工業協会、京都総合経済研究所、日本経営協会、日本能率協会、みずほ総合研究所、三菱UFJリサーチ&コンサルティングなどセミナー講師を歴任。日本管理会計学会会員

廣岡久生[ヒロオカヒサオ]
コンソリューション有限会社代表コンサルタント。経営工房代表。1961年大阪府生まれ。大阪明星高校、南山大学卒業後、民間企業、住友ビジネスコンサルテイング、日本総合研究所を経て、1996年に経営工房を設立し独立。2001年大阪府立大学大学院経済学研究科前期課程修了(労務管理)。2005~2010年近畿大学経営学部非常勤講師(経営管理論)。専門は、人事制度・経営組織など。日本経営協会、日本能率協会などセミナー講師を歴任。組織学会・日本労務学会・実践経営学会・日本賃金学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)