法務Q&A 会計不正―対応と予防のポイント

個数:
  • ポイントキャンペーン

法務Q&A 会計不正―対応と予防のポイント

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 217p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502078903
  • NDC分類 336.97

内容説明

会計不正が発覚したとき企業は利害関係者にどのように説明するのか?株主総会での対応は?時系列に3つに分けたうえで、それぞれにおける留意点について事例をあげて説明する。

目次

基本的な知識(会計不正に関する動向;会計不正の発覚と対応)
虚偽記載発覚のフェーズ(不正リスク要因;虚偽記載を示唆する状況;最近の虚偽記載の傾向 ほか)
調査のフェーズ(会計不正の疑いが生じた場合の心構え;調査体制の構築と調査方針;会計不正の疑いが発覚した場合の証券取引所との相談 ほか)
事後処理のフェーズ(開示書類の訂正;再発防止策の策定;関係者の処分と責任追及)
虚偽記載が株主総会に与える影響(計算書類・事業報告との関係;会計不正が計算書類に与える影響;事業報告に与える影響 ほか)

著者紹介

樋口達[ヒグチワタル]
弁護士。公認会計士。公認不正検査士。成和明哲法律事務所パートナー。1993年3月東京大学経済学部経済学科卒業。10月会計士補登録監査法人トーマツ入所。1997年4月公認会計士登録。2001年4月司法研修所。2002年10月弁護士登録、成和共同法律事務所(現成和明哲法律事務所)入所。2012年8月公認不正検査士登録。第一東京弁護士会弁護士業務改革委員会税務部会員、青山学院大学非常勤講師(「企業再編の法と実務」2006年~)、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク正会員、目黒区包括外部監査人補助者(2006年~2008年)など

山内宏光[ヤマウチヒロミツ]
弁護士。成和明哲法律事務所パートナー。1994年3月中央大学法学部法律学科卒業。1997年3月中央大学大学院法学研究科刑事法専攻博士前期課程修了。2001年10月弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。2008年3月成和明哲法律事務所入所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)