懲戒権行使の法律実務 (第2版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

懲戒権行使の法律実務 (第2版)

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 666p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502077906
  • NDC分類 366.14

内容説明

懲戒対象となるか否かの判断基準、選択すべき懲戒の種類と程度を行為類型ごとに詳解。より具体的に実務対応の内容に踏み込んだ改定版!

目次

第1章 懲戒とは
第2章 懲戒権保有の根拠
第3章 懲戒権行使に必要な基礎知識
第4章 懲戒の種類と程度
第5章 懲戒権行使の有効性
第6章 労政時報第3829号「懲戒制度の最新実態」「モデルケース別に見た被懲戒者に対する懲戒措置」に関する筆者見解
第7章 懲戒に関する個別論点
第8章 各懲戒事由の検討
第9章 懲戒に対する調査方法

著者紹介

石嵜信憲[イシザキノブノリ]
明治大学法学部卒業。1975年司法試験合格、1978年弁護士登録。以後、労働事件を経営者側代理人として手がける。2002~2004年司法制度改革推進本部労働検討会委員。2002~2010年日弁連労働法制委員会副委員長。現在、経営法曹会議常任幹事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)