懲戒権行使の法律実務 (第2版)

個数:

懲戒権行使の法律実務 (第2版)

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 666p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502077906
  • NDC分類 366.14

内容説明

懲戒対象となるか否かの判断基準、選択すべき懲戒の種類と程度を行為類型ごとに詳解。より具体的に実務対応の内容に踏み込んだ改定版!

目次

第1章 懲戒とは
第2章 懲戒権保有の根拠
第3章 懲戒権行使に必要な基礎知識
第4章 懲戒の種類と程度
第5章 懲戒権行使の有効性
第6章 労政時報第3829号「懲戒制度の最新実態」「モデルケース別に見た被懲戒者に対する懲戒措置」に関する筆者見解
第7章 懲戒に関する個別論点
第8章 各懲戒事由の検討
第9章 懲戒に対する調査方法

著者紹介

石嵜信憲[イシザキノブノリ]
明治大学法学部卒業。1975年司法試験合格、1978年弁護士登録。以後、労働事件を経営者側代理人として手がける。2002~2004年司法制度改革推進本部労働検討会委員。2002~2010年日弁連労働法制委員会副委員長。現在、経営法曹会議常任幹事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)