科学コミュニケーション叢書<br> 科学技術ジャーナリズムはどう実践されるか

個数:

科学コミュニケーション叢書
科学技術ジャーナリズムはどう実践されるか

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784501625306
  • NDC分類 404
  • Cコード C3330

目次

第1部 ジャーナリストに求められるスキルとその実践(科学記事の2つの顔―わかりやすさと正確性をめぐって;科学を伝えるという仕事;「専門的であること」と「わかりやすさ」のバランス;科学技術関連ニュースの日英翻訳プロセスと留意点;世界語化した英語と日本人ジャーナリスト)
第2部 科学技術情報の流通革命をめぐって(デジタル・ネットワーク時代における文化の豊かさを求めて―Creative Commons/Science Commonsの成果を検証する;変わりゆくメディアにおける科学ジャーナリズムと技術ジャーナリズム;科学ジャーナリストを育成する理由およびその方法;米国における科学ジャーナリズム:過去、現在、そして将来;中国における科学技術ジャーナリズム教育;マスメディアの変容とローカルな科学技術ジャーナリズムの現場への影響)
第3部 MAJESTyの経験を未来につなぐ(座談会 MAJESTyを育て、MAJESTyに育てられた5年間;座談会 早稲田大学のジャーナリズム教育はここから始まる)

著者等紹介

小林宏一[コバヤシコウイチ]
理論社会学領域での研究を志していたが、ポスドク環境になった折お世話になった、電電公社(当時)肝入りの研究所で、当時提唱されはじめた情報化社会論やニューメディアの動向を追い始めたのがきっかけで、インターネット時代の今日までメディア研究に終始する

谷川建司[タニカワタケシ]
映画会社勤務を経て、1993年にフリーランスの映画ジャーナリストとして独立。主として雑誌・新聞のコラム執筆、著作活動に専念。その後、フリーの仕事をつづけながら一橋大学にて博士号(社会学)を取得し、茨城大学助教授を経て、2005年にMAJESTy立ち上げに伴って早稲田大学に赴任。1997年、第一回京都映画文化賞受賞

西村吉雄[ニシムラヨシオ]
電子工学で工学博士の学位取得後、電子技術者向け専門技術雑誌の編集長を長く務める。その後、東京大学大学院工学研究科教授など、大学の仕事が中心になる。産業構造、技術経営、産学連携などが関心分野である。2005年からMAJESTyに参加、「情報技術と情報産業」、「民間企業における研究開発」などを講義。ほぼ同時期、東京工業大学で監事として大学経営に関与する

若杉なおみ[ワカスギナオミ]
医療の現場(小児科医:20代~30代)と生命科学研究(パスツール研などフランス留学:30代~40代)を経て、国際医療協力・社会医学研究(国立国際医療センターにてJICAやWHOとともに20余りの開発途上国へ。エイズ等感染症とリプロダクティブヘルスに取り組む:50代~60代)と3つの現場を経験してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。