パワートゥザエッジ―ネットワークコミュニケーション技術による戦略的組織論

個数:

パワートゥザエッジ―ネットワークコミュニケーション技術による戦略的組織論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784501624101
  • NDC分類 391.6
  • Cコード C3050

出版社内容情報

アメリカ国防総省の研究所による情報化組織論を一般向けにまとめた一冊。組織改革、プロセス改革のための必読書。

内容説明

情報化時代の技術は情報の経済学を劇的に変化させる一方で、新たな組織形態の形成と、新たな指揮統制へのアプローチを引き起こしつつある。パワートゥザエッジの理解に必要な基本的概念を理解することにより、伝統的な組織と指揮統制に対するアプローチについての議論を、情報化時代の観点から眺めることができるようになるだろう。そして、権限を中央から末端へ委譲し、直接的ではなく間接的統制を実現することの利点を、組織とそれを支援する構造とプロセスへの適用方法とともに議論する。

目次

指揮統制
工業化時代の指揮統制
工業化時代の原理とプロセスの崩壊
情報化時代
情報化時代の軍隊に求められる特性
相互運用性
俊敏性
パワーとエッジ
パワートゥザエッジ(PTE)
情報化時代の指揮統制
パワートゥザエッジ(PTE)組織の力
エッジ指向の任務能力パッケージ
未来に向けて

著者等紹介

安田浩[ヤスダヒロシ]
東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻博士課程修了(1972)。日本電信電話公社(1972)。情報通信研究所所長(1995)。東京大学教授(先端科学技術研究センター)(1997)。東京大学国際・産学共同研究センター長(2003‐2005)。東京電機大学未来科学部教授(2007)。東京大学名誉教授(2007)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuka

2
読書会の課題本で読んだけどさっぱりだった…😂 アメリカ軍の指揮系統の実績をベースに末端で如何に力を発揮させるのかという本だったんだと思うけど、読書会自体が来月にリスケになったからちんぷんかんぷんのまま… 経営者の友人は殿堂入りする本と絶賛していたので、私の理解力のなさは大きな組織で働くこと自体がイメージできてないからなのかの思う…😅 来月の読書会に合わせて再読せねば😵‍💫2022/12/20

いかちょー

1
難しいことが難しく書かれているのでさっぱりわからない。PTE(パワートゥザエッジ)の概念をつかむだけならば、10章、12章、解題の部分を読むだけで十分である。ビジネスに生かせそうな要素もあるが、基本的に軍事組織の話。GIG(Global Information Grid)(10章)の考え方には新規性はないが、実現すれば面白い情報時代が訪れるだろう。2010/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/203484
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。