eラーニングのためのメンタリング―学習者支援の実践

個数:
  • ポイントキャンペーン

eラーニングのためのメンタリング―学習者支援の実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 17時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 133p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784501543105
  • NDC分類 379.7

内容説明

eラーニングに特化したメンタリングについて、基礎理論からマネジメントまで詳解した入門書。改善を繰り返しながらeラーニングを継続させ、確実に成果を上げるためのヒントを提示。活動指針の実例付き。

目次

第1章 eラーニングの特徴
第2章 eラーニングにおける学習支援活動
第3章 メンタリングガイドライン
第4章 eメンタからの働きかけ
第5章 学習者からの質問・相談への対応
第6章 eメンタのマネジメント
付録

著者紹介

松田岳士[マツダタケシ]
1989年九州大学文学部卒。放送局勤務を経て、青山学院大学国際政治経済学研究科博士後期課程修了、博士(国際コミュニケーション)。青山学院大学社会連携機構ヒューマンイノベーション研究センター、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構において、コミュニケーションの視点から、eラーニングにおける学習活動の評価および学習者支援方法を研究している。日本教育工学会、教育システム情報学会、AACE、AECT会員

原田満里子[ハラダマリコ]
2003年青山学院大学国際政治経済学研究科修士課程修了、修士(国際コミュニケーション)。青山学院大学総合研究所eラーニング人材育成研究センター特別研究員、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構研究員を経て、現在は、東京大学大学院教育学研究科研究生。語ることによる自己への気づきに関心があり、主に質的研究方法を用いて研究している。異文化コミュニケーション学会、多文化関係学会、日本質的心理学会、社会言語科学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)